PR

ニュース 経済

サプリメント市場、“プロテイン“ブーム到来!

株式会社ウエニ貿易

 時計、化粧品を手掛ける売上高500億円規模の企業であるウエニ貿易が急成長中の注目市場である、“プロテイン”を中心とした健康食品事業に参入!!

 フレグランス、時計、ファッション雑貨等のブランド商品を取り扱う専門商社である株式会社ウエニ貿易(本社:東京都台東区、代表取締役社長:宮上光弘)は、2019年11月より新たな事業としてプロテインを中心とした健康食品事業に参入致します。『外側からのファッション雑貨類に加え、健康食品で内側からも「人を幸せにする商品」を軸に、今後事業展開していきます。

 ◆新規事業の概要◆

 【新規事業】: ヘルス&ビューティー

 【事業内容】:健康食品/サプリメント

 【参入目的】:

 近年のスポーツ人口増加に加え、これまで外側から美の基盤を作ってきたが、今後は内側からも“人を幸せにする商品”を展開し、トータルビューティーを広める事で人々を幸せにする。

 【事業開始日】: 2019年11月

 【事業スキーム】:

 時計・コスメ・服飾雑貨のインフラを生かし、自社初となる食分野への新マーケットへの拡大を目指す。

 ◆市場参入の意図◆

 この度、株式会社ウエニ貿易は、得意先からの熱い熱いリクエストを頂き、1年前からプロテイン商品のテスト販売をスタートさせていく中で、情報収集、マーケットリサーチをしたところ、今後の世論の流れと市場拡大の伸びしろに加え、勝機の可能性を秘めていると判断し、新規参入をスタートさせるきっかけとなりました。

 (写真)コスメティック事業部 統括部長 H&B推進プロデューサー 小渕清次

 ◆プロテイン市場動向◆

 <参考資料>

 (1) プロテイン市場規模推移

 引用資料:富士経済2019 H ・ B フーズマーケティング便覧 2019

 NO,4 総括編 169ページ 2)市場規模推移

 (2) プロテイン市場を注目するポイント

 2017年実績は597億前年比115.4% 2023年には748億と予測され、2016年対比144.5%と年々拡大が見込まれる。

 (3) プロテイン市場拡大の背景

 1.スポーツとしてのサプリメント

 身体作りや筋肉量増加などのスポーツ目的以外のたんぱく質補給が世間に浸透、老若男女問わずスポーツ人口の拡大を背景に、“プロテイン=健康的な身体作り“というイメージの定着が進む事で、今後も需要拡大が期待されている。

 2.高齢化対策としてのサプリメント

 中高年~シニアにおいて、健康の維持・増進には筋肉の維持が重要です。高齢化を背景に、生活習慣予防や認知症予防という分野において、栄養補給としての需要増加に伴い、市場規模は拡大の一途を辿っている。

 3.健康美としてのサプリメント

 近年の筋トレ人口の増加に伴い、男性のみならず、女性を中心に“カラダや美の基”となる材料としての観点からプロテインに注目が集まっており、エステサロンを中心にユーザー層は更に広がっており、今後も高い伸長率を維持する見通しです。

 株式会社ウエニ貿易

 時計、ファッション雑貨、フレグランス等のブランドを取り扱う専門商社です。海外ブランド品の輸入卸において業界ナンバーワンのシェア(※当社調べ)を持っています。輸入卸として培ってきた実績とノウハウを礎に、日本正規代理店・オリジナルブランドの事業を拡大。フレグランスでは「サムライ」「ジャガー」「グレ」の総代理店を務める一方、メーカーとして「アクア シャボン シリーズ」「ボトコラックス ブラック」を開発する等、幅広いビジネスモデルで多数のブランドを展開しています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ