PR

ニュース 経済

【台風19号】百貨店やスーパーも臨時休業相次ぐ

(Getty Images)
(Getty Images)

 大型で非常に強い台風19号の接近で、百貨店やスーパー各社は11日、台風の上陸が予想される12日の店舗営業の中止を相次いで決定した。公共交通機関の計画運休に加え、従業員の安全などを考慮した。

 百貨店では三越伊勢丹ホールディングスが三越日本橋本店や伊勢丹新宿本店など首都圏の計6店舗を休業とするほか高島屋が日本橋店や新宿店、横浜店など計10店舗の営業を見合わせる。大丸松坂屋百貨店は大丸東京店、松坂屋の上野店、名古屋店など5店舗を休業する。

 また、そごう・西武が西武池袋本店やそごう横浜店などの8店舗、小田急百貨店も新宿店、町田店など3店舗の休業を決めた。

 スーパーもイトーヨーカ堂がイトーヨーカドーや食品館など関東、東海地方の1都7県で計124店舗を休ませるほか、1都3県で展開するいなげやも全137店舗が休業となる。

 コンビニエンスストアはローソンが関東1都6県の約4400店舗、ファミリーマートが関東中心の約6200店舗で、12日夜から13日未明にかけて、弁当やおにぎりなどの配送を見合わせる。セブン-イレブンは12日の日中の配送を前倒しするという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ