PR

ニュース 経済

【関電辞任会見】岩根社長、原子力事業への影響「現時点で申し上げられない」

関西電力の役員らが金品を受領していた問題で会見。会見の冒頭、辞任を発表する八木誠会長=9日午後3時4分、大阪市福島区(安元雄太撮影)
関西電力の役員らが金品を受領していた問題で会見。会見の冒頭、辞任を発表する八木誠会長=9日午後3時4分、大阪市福島区(安元雄太撮影)

 9日に大阪市内で開かれた関西電力の八木誠会長と岩根茂樹社長の辞任会見。第三者委員会に選任された委員が公表され、調査が始まることが説明された。原発の再稼働、中間貯蔵地の選定など原子力事業の課題を抱える中、岩根社長は「現時点で(事業に)どのような影響が出るか申し上げられない」と述べた。

 金品受領問題の原因究明へ、岩根社長らは「真摯に対応し、協力する」と表明。原子力事業をめぐる問題が明らかになり、今後の事業への影響も懸念されるが、岩根社長は「はっきり申し上げて、現時点でどのような影響が出るか申し上げられない。現地や地元の状況をよく聞かせていただいて判断したい」と述べるにとどめた。

 また、新しく発表された今後の体制については、八木会長の辞任など原子力事業においても要職を務めてきた役員らの交代も明らかになった。その点における事業への影響について岩根社長は「原子力事業において、人材技術は大事。どのように維持していくかは大きな課題。現在の状況をよく整理し、どのような対策が可能か考えていきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ