PR

ニュース 経済

日産新体制は「多様性」で勝負 記者会見詳報

新体制を発表する(左から)日産自動車の独立社外取締役取締役会議長の木村康氏、独立社外取締役筆頭独立取締役指名委員会委員長の豊田正和氏=8日午後、横浜市西区(古厩正樹撮影)
新体制を発表する(左から)日産自動車の独立社外取締役取締役会議長の木村康氏、独立社外取締役筆頭独立取締役指名委員会委員長の豊田正和氏=8日午後、横浜市西区(古厩正樹撮影)

 日産自動車の木村康取締役会議長、豊田正和指名委員長は8日夜、記者会見し、社長兼最高経営責任者(CEO)に内田誠専務執行役員(53)、最高執行責任者(COO)に三菱自動車COOのアシュワニ・グプタ氏(49)、副COOに関潤専務執行役員(58)を充てる人事を発表した。記者会見の一問一答は次の通り。

 --新体制決定が10月末より少し早くなった経緯は

 木村氏「なるべく早いほうがいい、早く決めようというのが全員一致の意見だった。全員の総意が、スムーズに形成された結果だ」

 --内田氏がリーダーにふさわしい理由は

 豊田氏「内田氏は海外経験が豊富だが、特に子供時代からあちこちの海外に住んでいた。加えて日商岩井出身で、そのあと日産、ルノー、東風汽車有限公司と多彩な経験があり、難しい時期のリーダーとしてふさわしい。3人ともヒアリング時、アライアンス(企業連合)が大事だから日産に入りたいと思ったと言っておられたが、とりわけ内田氏は『アライアンスに憧れて入った』と言っていた。また最大課題は、決断のスピードアップで、可能な限り権限委譲していきたいと言っていた」

 --現在、暫定トップに付いている山内康裕COOが選から漏れた理由は

 木村氏「新生日産ということが非常に大事だと考えた。そうしたイメージを強く出す体制を考え、こうした取り合わせになった」

 --副COOを置く理由は

 豊田氏「困難を乗り越え世界をリードする自動車会社になるには、多様性のあるリーダーシップを発揮することが望ましい。3人には共通点が3つある。国際人で、アライアンスを重視し、スピード重視の意思決定をしていきたいと考えている点。加えて、日本人の内田氏を、インド出身のグプタ氏、技術畑出身の関氏で支える体制が、困難を乗り越えるには一番いいということで合意を得た」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ