PR

ニュース 経済

常磐線で運転士なしの運行へ 自動運転装置、来年度末に導入

原ノ町駅-小高駅間を走る常磐線。自動運転化装置は綾瀬駅(東京都足立区)-取手駅(茨城県取手市)間で導入される予定=福島県南相馬市原町区(納冨康撮影)
原ノ町駅-小高駅間を走る常磐線。自動運転化装置は綾瀬駅(東京都足立区)-取手駅(茨城県取手市)間で導入される予定=福島県南相馬市原町区(納冨康撮影)

 JR東日本の深沢祐二社長は8日の定例記者会見で、常磐線の綾瀬(東京都足立区)-取手(茨城県取手市)間で令和2年度末に自動列車運転装置(ATO)を導入する方針を明らかにした。ボタンを押すだけで発車と走行、停止が可能になる。同社は将来的には運転士資格のない乗務員でも運転ができる「ドライバーレス運転」を視野にATOの開発を進める考え。

 常磐線は、すでにATOを導入している東京メトロ千代田線と直通運転を実施しているため、ATOの導入を決めたという。同社はすでに山手線ではドライバーレス運転の実証実験を進めている。常磐線のATOの導入後の知見を山手線のドライバーレス運転の検討にも生かす方針だ。

 深沢氏は「技術的な課題のほかにもさまざまな規制があるが、政府と話をしていく。トラブルが起きたときの対応もしっかりと考えたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ