PR

ニュース 経済

果物酢飲料でラベル誤り、健康被害はなし 京都高島屋

 高島屋(大阪市)は京都店(京都市)と新宿店(東京都渋谷区)で販売された果物酢飲料「飲むざくろの酢」について、誤って別の商品のラベルを貼った状態で販売していたと発表した。同社は該当する商品の回収作業を行っている。

 同社によると、ざくろ酢にはアレルゲン表示が推奨されるりんごが使用されていたが、実際に添付されたラベルにはその表示がされていなかった。岐阜県の醸造会社が出荷時にラベルを貼る際に誤ったという。

 9月24日~10月6日まで京都店で6本、新宿店で6本の計12本が販売されたが、購入者からの健康被害は確認されていない。同じ商品が納品された日本橋店の売り場販売員がラベルの誤りを見つけ、発覚した。

 問い合わせは高島屋京都店(0120・507・108)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ