PR

ニュース 経済

日産やイオンなどが「おにぎりアクション」

 日産自動車やイオン、オイシックス・ラ・大地、伊藤園などは7日、SDGs(持続可能な開発目標)活動の一環として、NPO法人が実施する「おにぎりアクション」に協賛すると発表した。おにぎりに関連する写真をSNS(交流サイト)に投稿すると、協賛企業の寄付により、アフリカやアジアの子供たちに給食5食が届く企画で、各社は独自の取り組みも行う。今年は7日から11月20日まで行う。

 この活動はNPO法人「TABLE FOR TWO International」(東京)が平成27年から毎年実施。期間中に150万食を目指す今年は、日米の45社が協賛、または商品・サービスで協力する。ベネッセホールディングスやミツカンが初参加した。

 企業独自の取り組みとして、日産や伊藤園は一定の条件を満たした投稿に通常の2倍となる10食分を寄付。ベネッセは「貧困」をテーマにした中学生・高校生向けの教材を無料で配信する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ