PR

ニュース 経済

最終結果発表!「まるでダイヤモンドを散りばめた煌びやかな夜景(みはらしの丘 みたまの湯)」が注目度ランキング1位に!!

株式会社ジャパンデザイン

 ~温泉総選挙主催 第1弾投稿企画「まるで○○に見える景色」~

 5省庁(環境省、内閣府、総務省、経済産業省、観光庁)の後援で温泉地の活性化プロジェクトを実施している温泉総選挙(主催:旅して日本プロジェクト、運営事務局:株式会社ジャパンデザイン、本社:東京都渋谷区、温泉総選挙総合プロデューサー/代表取締役/社会起業家:山下 太郎)は、「温泉総選挙2019」(URL:https://onsen-ouen.jp/)にて、温泉地に画像や動画を投稿してもらう第1弾投稿企画「まるで○○に見える景色」のランキングを最終発表いたしました。

 ■注目度ランキング 1位 ■「見えるね!」ランキング 1位

 「まるでダイヤモンドを散りばめた煌びやかな夜景」 「とっとこ岩」

 山梨県 三郷町:みはらしの丘 みたまの湯 新潟県 糸魚川市:柵口温泉

  今年度の新企画となる「投稿企画」は、決められたお題に合わせて温泉地に写真や動画を投稿してもらい、国民の皆様へ温泉地の新たな魅力をPRしてもらう企画となります。8月1日(木)から9月30日(月)まで開催いたしました第1弾投稿企画「まるで○○に見える景色」では、季節や期間(時間)限定の景色や角度を変えると違った見方ができる景色など、知られざる温泉地の景色を投稿いただきました。

 ランキング最終発表では、中間発表に引き続き、注目度ランキング※1 にて『まるでダイヤモンドを散りばめた煌びやかな夜景(山梨県 三郷町:みはらしの丘 みたまの湯)』が1位となりました。見えるね!ランキング※2 では『とっとこ岩(新潟県 糸魚川市:柵口温泉)』が新たに1位となりました。詳細は第1弾投稿企画ページ(URL:https://onsen-ouen.jp/specialpost)よりご覧いただけます。

 ※1:PV数により算出 ※2:「見えるね!」のクリック数により算出

【温泉総選挙2019】第1弾投稿企画「まるで○○に見える景色」 ランキング最終発表

~注目度ランキング~

 ■1位 まるでダイヤモンドを散りばめた煌びやかな夜景

 山梨県 三郷町:みはらしの丘 みたまの湯

 「みたまの湯」は、2019年3月9日に温泉施設としては全国初となる、「夜景100選」に認定されました。甲府盆地の南端に位置し、施設の北側に広がる大パノラマの夜景は、建物が南向きに設計されているため、まさにダイヤモンドを散りばめたような輝きに包まれます。

 甲府盆地に上に湯舟を浮かべた、煌めきにまどろむ丘の上の特等席をご堪能ください。

■2位 ザクとは違うのだよ、ザクとは!

 兵庫県 新温泉町:湯村温泉

 コックピット内部はいい湯加減。 湯村温泉の外湯ならココ。

 内湯、露天風呂、水着着用の混浴露天風呂、温水プールなど湯村温泉を味わい尽くせる施設です。

 お風呂上りには隣接の「但馬ビーフレストラン楓」で本格的な但馬牛ステーキがリーズナブルな価格でお召し上がりいただけます。

■3位 とっとこ岩

 新潟県 糸魚川市:柵口温泉

 「とっとこ」とは、糸魚川地方の方言で「にわとり」を意味しています。岩の形がにわとりのように見えることから、地元では「とっとこ岩」と呼ばれ、親しまれています。夕日を背にしたトットコ岩はすばらしいものです。

~「見えるね!」ランキング~

 ■1位 とっとこ岩

 和歌山県 那智勝浦町:南紀勝浦温泉

■2位 まるで平安時代!!

 和歌山県 那智勝浦町:南紀勝浦温泉

 平安期の上皇ら貴族達の熊野御幸行列を再現した平安絵巻イベント。その様子はまるで、平安時代にタイムスリップしたかのよう!

 約200名が時代衣装をまとい、熊野古道を那智大社まで歩きます。(那智山周辺:熊野古道・大門坂~熊野那智大社~那智山青岸渡寺~三重の塔)

■3位 まるで「森に愛されている」ように見える

 北海道 遠別町:旭温泉

 旭温泉は海沿いから約6km、山間部に入った場所で森の中にひっそりと佇む秘湯感ある温泉です。

 旭温泉では、「富士見の湯」・「旭の湯」の2つの源泉を味わうことができ、森の中で静かにゆっくり過ごし、心身ともにリフレッシュできます!

 開設から約40年間、住民の方々をはじめ、町を訪れる方の「癒しの湯」として、森に愛され続けています!

【温泉総選挙2019 開催概要】

 主催:旅して日本プロジェクト

 後援:環境省・内閣府・総務省・経済産業省・観光庁

 概要:「温泉総選挙2019」は、様々なWEB企画や現地イベント企画を通じて温泉地の魅力を広くPRし、国民の皆様の温泉地利用を促進することを目的としています。温泉総選挙の趣旨に賛同いただいた全国の温泉地が、温泉地の魅力をPRするため9つの部門から1部門を選択してエントリーしています。

【部門名】

 ●リフレッシュ部門  ●うる肌部門  ●健康増進部門  ●スポーツ・レジャー部門

 ●歴史・文化部門  ●絶景部門  ●外国人おもてなし部門  ●ファミリー部門  ●女子旅部門

 さらに、温泉地の取組を評価する「各省庁賞(4賞)」や「審査員特別賞」も選出いたします。

 ●環境大臣賞 ●地方創生担当大臣賞 ●総務大臣賞 ●観光庁長官賞

 ●審査委員特別賞 約10賞(予定)

 「温泉総選挙2019」公式WEBサイト URL:https://onsen-ouen.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ