PR

ニュース 経済

iOS 13の新機能「ダークモード」を使いこなす

 iOS 13で利用できる新機能の1つが「ダークモード」だ。ダークモードは黒を基調とした配色なので、暗い場所でiPhoneの画面を見るときに目の負担を軽減する効果がある。壁紙の他に、カレンダーやリマインダーなどApple純正のアプリで利用できる。

ダークモードで純正のカレンダーと地図アプリを表示
ダークモードで純正のカレンダーと地図アプリを表示
その他の写真を見る(1/10枚)
ダークモードで株価とApple Payアプリを表示
ダークモードで株価とApple Payアプリを表示
その他の写真を見る(2/10枚)

 ダークモードをオンにするにはホーム画面の「設定」から「画面表示と明るさ」をタップする。外観モードで「ダーク」をタップすることで、ダークモードに切り替えることができる。白を基調とした配色の通常表示に戻すには「ライト」をタップする。

設定アプリから「画面表示と明るさ」を選択
設定アプリから「画面表示と明るさ」を選択
その他の写真を見る(3/10枚)
コントロールセンターからもダークモードのオン/オフを切替可能
コントロールセンターからもダークモードのオン/オフを切替可能
その他の写真を見る(4/10枚)

 ダークモードをオンにする方法は設定アプリの他に、コントロールセンターから行う方法もある。

 iPhone X以降、コントロールセンターは画面右上から下に向かってスワイプすると表示される。画面の明るさの調節部分を長押しすると、「ダークモード」「Nigth Shift」「True Tone」3つのボタンが表示される。ここで一番左側の「ダークモード」をタップすると切り替えられる。

「自動」「オプション」の順にタップする
「自動」「オプション」の順にタップする
その他の写真を見る(5/10枚)

時間帯によってダークモードを自動で切り替える設定も

 ダークモードは前述のように手動で切り替えられる他、日の入りと日の出、または指定した時間になると自動的に切り替わる。工場出荷時(デフォルト)の状態では日の入りと日の出のタイミングで切り替わるように設定されているが、これは変更できる。

 「画面表示と明るさ」の設定画面のうち、「自動」という項目がオンになっていると、そのすぐ下に「オプション」という項目が表示される。

「カスタムスケジュール」を選択し、ライトとダークの時間をそれぞれ指定する
「カスタムスケジュール」を選択し、ライトとダークの時間をそれぞれ指定する
その他の写真を見る(6/10枚)

 オプションをタップすると、外観モードのスケジュールという画面が表示される。「カスタムスケジュール」の項目をタップし、ライトとダークの切り替え時間をそれぞれ指定することができる。

左がライトモードでの壁紙、右がダークモードでの壁紙
左がライトモードでの壁紙、右がダークモードでの壁紙
その他の写真を見る(7/10枚)

壁紙もライトモードとダークモードで異なる

 iOS 13にアップデートしたiPhoneもしくはiPhone 11シリーズでは、ライトモードとダークモードに対応した新しい壁紙も用意されている。ライトモードでは白い部分は白く、ダークモードは極力黒に近い色へと変わる。

「ダークモードで壁紙を暗くする」をタップ
「ダークモードで壁紙を暗くする」をタップ
その他の写真を見る(8/10枚)

 壁紙の設定方法はこれまでと同様に、「設定」から「壁紙」という順にタップする。「ダークモードで壁紙を暗くする」をタップする。

ライトとダークモードに応じて色が変化する壁紙は4種類ある
ライトとダークモードに応じて色が変化する壁紙は4種類ある
その他の写真を見る(9/10枚)

 続いて「壁紙を選択」→「静止画」をタップする。右下に丸いアイコンが表示されている4種類の壁紙が「ダークモードで壁紙を暗くする」に対応するようだ。対応する任意の壁紙をタップし、壁紙のプレビューから「設定」をタップする。

壁紙のプレビュー画面で「設定」をタップし、ホーム画面やロック画面に設定するのかを選択する
壁紙のプレビュー画面で「設定」をタップし、ホーム画面やロック画面に設定するのかを選択する
その他の写真を見る(10/10枚)

(ITmedia Mobile)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ