PR

ニュース 経済

ソフトバンク、SIM即時解除へ 端末割引で批判受け

東京都中央区のソフトバンク銀座(桐原正道撮影)
東京都中央区のソフトバンク銀座(桐原正道撮影)

 ソフトバンクは30日、携帯電話端末を分割払いで割引販売する際に、他社回線での利用を制限する「SIMロック」の即時解除に応じると発表した。他社回線の契約者を対象に10月1日から受け付ける。大幅割引とSIMロックで顧客を過剰に囲い込んでいるとした政府の批判に対応する。

 分割代金の不払いを防ぐため、クレジットカードでの支払いを解除の条件とする。今後は保証金の支払いでも即時解除に対応できるよう制度の見直しを予定している。

 割引販売は48カ月の分割払いで購入するなど条件を満たせば、最大24カ月の支払いを免除する内容。他社の契約者でも購入可能としながらも、実質的にはSIMロックによって恩恵を受けられる人が限定されていた。

 割引販売の名称「半額サポート+(プラス)」も10日から「トクするサポート」に変更する。「最大半額」と大幅割引を強調していたが、月額390円のプログラム利用料がかかるなど実際は半額以上の負担が生じる点が、消費者に誤解を与えると批判されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ