PR

ニュース 経済

LINEとコラボした「キャラスマ」、XiaomiのMi9 SEブラウンバージョンが登場

「Mi9 SE Brown Bear Limited Edition」
「Mi9 SE Brown Bear Limited Edition」
その他の写真を見る(1/7枚)

 初音ミクのキャラクターをあしらったスマートフォンを過去に販売したことのあるXiaomiですが、2019年のキャラクターコラボモデルはLINE FRIENDSのブラウン。中国ではLINEの利用者はあまりいないはずですが、キャラクターとしての人気はあるのでしょうか。これが台湾ならばLINEユーザーも多いので売れそうですが、今のところ中国のみの販売となっています。

パッケージも専用のものになっている
パッケージも専用のものになっている
その他の写真を見る(2/7枚)

 「Mi9 SE Brown Bear Limited Edition」は、Xiaomiのミドルハイレンジモデル「Mi9 SE」にLINEキャラクターのブラウンをあしらったモデル。パッケージも大型で専用のものが用意されています。本体スペックは通常版のMi9 SEと変わらず、プロセッサがSnapdragon 712、メモリ6GB、ストレージ128GBというスペック。ディスプレイは5.97型、カメラは背面に4800+1300+800万画素のトリプル構成です。

正面から見るとMi9 SE標準モデルと変わらない(店舗販売品のためステッカーをはがさず撮影)
正面から見るとMi9 SE標準モデルと変わらない(店舗販売品のためステッカーをはがさず撮影)
その他の写真を見る(3/7枚)

 本体カラーは標準モデルの青と黒に対し、ブラウンモデルは紫。背面と側面が紫色になっています。価格は標準モデルより500元高い2499元(約3万7200円)ですが、上品なら紫色仕上げということだけでも若干価格を上げてもいいと思えるかも。この紫色は他にはない色合いです。

本体カラーは紫で、側面もその色になっている
本体カラーは紫で、側面もその色になっている
その他の写真を見る(4/7枚)

 背面にはブラウンの顔がプリントされています。なお、本体を起動するとブラウンをあしらった壁紙やテーマがプリインストールされているなど、「中もブラウン」になっているとのこと。Xiaomiの音声AIシステム「小愛同学」にはブラウンと簡単な会話をする機能もついています。例えば「ブラウン、踊って」と話すと画面上にブラウンが現れダンスをしてくれるらしいです。

背面にブラウンの顔が印刷されている。中もブラウンづくしだという
背面にブラウンの顔が印刷されている。中もブラウンづくしだという
その他の写真を見る(5/7枚)

 また、パッケージ内には正規品であることの証明書やステッカー、さらに端末同様ブラウンのイラスト入りのモバイルバッテリーも含まれているとのこと。ここまでしっかりした製品なら、このまま日本で出してもいいと思えるレベル。Xiaomiのスマートフォンがいきなり日本に進出しても売れそうにありませんが、LINEコラボスマートフォンとしてなら一定の人気がでるかもしれません。

証明書やステッカーセットも付属
証明書やステッカーセットも付属
その他の写真を見る(6/7枚)

 Xiaomiは他にもLINE FRIENDSのスーツケースなどを中国で出しています。こちらの製品も日本でオフィシャルに売ってくれてもいいような気がします。Xiaomiは多数のカバン類を販売しており、筆者もいくつか愛用していますが、いずれも品質は悪くありません。実は韓国でもLINE FRIENDSのスマートフォンが販売されています。LINE FRIEDNDS好きな日本のユーザーのためにも、モバイル関連製品をもっと増やしてほしいものです。(ITmedia Mobile)

中国では他にもLINE FRIENDS商品を出している
中国では他にもLINE FRIENDS商品を出している
その他の写真を見る(7/7枚)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ