PR

ニュース 経済

【関電金品受領問題会見詳報(4)】森山氏の関連企業に「工事を発注した事実はある」

会見終盤に頭を下げる岩根茂樹社長(手前から2人目)=27日午後0時25分、大阪市北区(安元雄太撮影)
会見終盤に頭を下げる岩根茂樹社長(手前から2人目)=27日午後0時25分、大阪市北区(安元雄太撮影)

 --社内調査の結果が出たのはいつですか。なぜそのときに公表しなかったのですか

 岩根社長「調査は2018年7~9月の間にやりました。そして、金品を渡されて個人の管理下で保管していたが、儀礼の範囲内は返却していることなどを確認しました。社内の処分をしっかり行った上で、コンプライアンス(法令順守の徹底)を一生懸命やっている段階です」

 --先ほどコンプライアンスに疑義があったと話されましたが、それを公表しなかったのはなぜですか

 岩根社長「不適切という判断はしていましたが、違法という判断はしていないので、こういう対処をしたということです」

 --社長自身が森山氏から記念品を一度受け取ったタイミングは、社長就任後すぐということか

 岩根社長「少し時間がたってからですね。当該の方が本社に来られたので会いました。会ったのは社長室とは別の部屋です。その時は原子力事業運営と地域の話をされて、最後、お帰りになられるときに物品を紙袋に入れてお渡しになりました。その後、ある役員から『ひょっとすると高額の品かもしれませんね』と聞いたので、私は中身を確認せず、別の人間に管理させました。受け取った際は儀礼の範囲内かな、という認識で受け取りました」

 --森山氏と会うのはそのときが初めてだったのですか

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ