PR

ニュース 経済

年度内終了の水平対向「EJ20」最後の搭載車、東京モーターショーでお披露目へ スバル

東京モーターショーで公開されるスポーツセダン「WRX STI EJ20 Final Edition」のプロトタイプ。近く生産が終了する水平対向エンジン「EJ20型」の最終搭載モデルとなる(スバル提供)
東京モーターショーで公開されるスポーツセダン「WRX STI EJ20 Final Edition」のプロトタイプ。近く生産が終了する水平対向エンジン「EJ20型」の最終搭載モデルとなる(スバル提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 SUBARU(スバル)は25日、水平対向エンジンのうち長年主力だった「EJ20型」の生産を今年度内に終えると明らかにした。10月下旬開幕の東京モーターショーで最終搭載モデルとなるスポーツセダン「WRX STI」の特別仕様車「EJ20 Final Edition」の試作車を公開する。(今村義丈)

 現在、水平対向エンジンを市販車に搭載しているのは世界でもスバルと独ポルシェだけ。ピストンが上下方向に動く一般的なエンジンと異なり左右で水平な配置が特徴で、振動が少なく、低重心となり安定性が増すなどの利点がある。

 現行3種の水平対向エンジンの中でも、EJ型は最も古いタイプで「20」は排気量2リットルを表す。EJ20型は平成元年発売の初代「レガシィ」に初搭載され、「軽量・コンパクトで耐久性も高い」「高回転で反応がよい」と人気に。4年には小型車「インプレッサ」にも搭載されるなど、改良を繰り返して性能を高めてきた。世界のレースで活躍したほか、同社の市販車では20年ごろまでのほぼすべての車種に搭載されて「走りのスバル」のイメージ定着に大きな役割を果たした。

 燃費性能も高めてきたが年々厳しくなる各国の排ガス規制への対応が次第に難しくなって撤退が続き、最後に残った日本市場向けWRX STIでも「将来的に対応が難しくなる」と判断し、生産終了を決めた。

 特別仕様車は限定555台の抽選販売を予定し、詳細を10月23日に発表する。

 今後もEJ25型は生産を続けるほか、後継のFB型、FA型が主力で活躍している。関係者は「EJ20型は引退するが、まだまだ水平対向はスバルの代名詞だ」と語る。

 モーターショーでは、ハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載のスポーツ用多目的車(SUV)「XV」「フォレスター」や、小型車「インプレッサスポーツ」の先進運転支援システム標準装備モデルも展示。電動化などの先進技術にも力を入れている姿勢を示す構えだ。

 東京モーターショーは10月24日~11月4日、東京ビッグサイト(東京都江東区)周辺で開催される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ