PR

ニュース 経済

屋内でも撮影OK 点検用途の球体型ドローン発売へ

球体型ドローンの新型機について説明するブルーイノベーションの熊田貴之社長=20日、東京都中央区(松村信仁撮影)
球体型ドローンの新型機について説明するブルーイノベーションの熊田貴之社長=20日、東京都中央区(松村信仁撮影)

 小型無人機(ドローン)ベンチャーのブルーイノベーション(東京都文京区)は20日、煙突や配管などの点検用途の球体型ドローンの新型機「エリオス2」を開発した。同日に予約受け付けを始めた。独自の姿勢制御技術と球体内7カ所のセンサーにより、GPS(全地球測位システム)の電波が届かない場所でも、壁面との距離を一定に保持し、機体から画像や動画がぶれずに撮影できる。

 エリオス2は直径40センチ、重さ約1・5キロ。球体の中央部に4Kカメラや赤外線カメラ、その下にプロペラを配した。防塵ライトなども取り入れ、機体を構成する「ガード」と呼ばれる骨組みが映り込まないよう、カメラ前のガードを外すなど、可視性を高めた。

 昨年6月に発売された初号モデル「エリオス」の後継機種にあたる。

 同日、東京都内での記者発表で、ブルーイノベーションの熊田貴之社長は「配管や屋内での点検業務に新たなイノベーションを起こしたい」と語った。

 本体価格は未定だが、1台500万円前後(税別)で検討。レンタルでの提供、操縦者の派遣などの付加サービスも検討している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ