PR

ニュース 経済

日本初のPropTech特化型VCの「デジタルベースキャピタル」が組成する第1号ファンドに出資

株式会社GA technologies
~国内のPropTech推進や協業を目的に、ベンチャー支援をスタート~

 不動産テック総合ブランド「RENOSY(リノシー)」を運営する株式会社GA technologies[GAテクノロジーズ](本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:樋口 龍、証券コード:3491、以下「当社」)は、日本初の「PropTech[プロップテック](不動産テック)」特化型ベンチャーキャピタル(以下、「VC」)の株式会社デジタルベースキャピタル(本社:東京都千代田区、代表パートナー:桜井 駿、以下「デジタルベースキャピタル」)が組成する第1号ファンドに出資することを決議いたしました。

<本件のポイント>
・国内では初となるPropTech特化型VCが運営する第1号ファンドへ出資
・昨年IPOを果たしたPropTech企業のGAテクノロジーズが、自らの経験を元に支援を開始
・居住、暮らしに関わるスタートアップとの連携強化で国内のPropTechを加速

<左:GAテクノロジーズ 樋口、右:デジタルベースキャピタル 桜井氏>

 不動産業界はこれまで、43兆円という巨大な市場にもかかわらず、契約書やFAXなど紙で情報がやりとりされるアナログな業界だと言われてきました。しかしながら、昨今、この不動産にテクノロジーを組み合わせ、業務の効率化や高付加価値なサービスを創出するPropTech(不動産テック)が大きな注目を集めています。米国ではすでにPropTechに特化したベンチャーキャピタルが設立され、PropTechスタートアップへの投資金額も年々増加しています。

 また国内でも、今年10月より、不動産賃貸契約の電子化や個人向け不動産売買における「ITを活用した重要事項説明」に関する社会実験が開始されるなど(※1)、政府による不動産取引の電子化に向けた動きも活発化しつつあります。

 このような背景を受け、今後さらなるPropTech市場の盛り上がりを期待し、当社としてもこの成長の一助を担いたいと考え、この度の出資に至りました。今後PropTechスタートアップの支援を通じて業界全体の活発化を目指すと共に、これらの居住や暮らしに関するPropTechサービスとの連携強化により、高付加価値でユーザー利便性の高い不動産体験を創出していきたいと考えております。

 (※1) 出所:国土交通省ITを活用した重要事項説明等に関する取組み
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/sosei_const_tk3_000092.html

◆ デジタルベースキャピタルについて
デジタルベースキャピタルは、2019年に設立された国内初のPropTech(不動産テック)特化型のベンチャーキャピタルです。規制産業のデジタル化をミッションにPropTech分野のイノベーションに取り組んでいます。

◆ ファンド概要
名称:デジタルベースキャピタル1号投資事業有限責任組合
設立:2019年6月
ファンド総額:10億円(上限額)(※2)
運用期間:10年
主な投資対象:
人々の暮らしや働き方を豊かにするLife as a Service (LaaS)をテーマにして、PropTechと呼ばれる不動産・金融領域のシード期のスタートアップへの投資を行う。
(※2) 当社は有限責任組合員としてファンド総額の一部を拠出します。

◆ デジタルベースキャピタル 代表パートナー 桜井 駿氏のコメント
“当社が運営する日本初のPropTech特化型ファンドに、日本を代表するPropTech企業であるGAテクノロジーズの皆様がLPとして参画されることは、当社はもちろん日本のPropTechエコシステムにとって大変意義のあることだと思っております。PropTechのリーディングカンパニーである同社の豊富な実績と、積極的なテクノロジー投資を通じた人材交流など、PropTechの発展に向けて連携できることを楽しみにしています。”

◆ GAテクノロジーズ 代表取締役社長 CEO 樋口 龍のコメント
“スタートアップ企業への幅広い支援、国内外に開かれたネットワークづくりなど、PropTech推進に努めるデジタルベースキャピタル、及びPropTech Japanの活動に共感し、第1号ファンドへ出資を決断いたしました。
不動産は、衣食住に関わる人々にとって根元的なサービスであり、市場規模も43兆円と巨大です。また、この不動産を起点に暮らしを豊かにするPropTechサービスは、ライフスタイルに関わる様々な領域と融合し、さらに大きな市場を形成する可能性を秘めています。グローバルでPropTechはまだ黎明期だと言われる今、魅力的なスタートアップ企業の皆様やPropTech Japanの皆様と、不動産サービスを共に変革しPropTech領域を盛り上げていくことを期待しています。”

◆ GAテクノロジーズ 会社概要
社名:株式会社GA technologies
代表者:代表取締役社長 CEO 樋口 龍
企業URL:https://www.ga-tech.co.jp/
本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 40 F
設立: 2013年3月12日
資本金 :11億5680万9470円(2019年8月末日時点)
事業内容:
・不動産テック総合ブランド「RENOSY」の運営
・オンライン融資申込・審査手続きシステム「Mortgage Gateway(モーゲージ ゲートウェイ)」の運営
・「BEST BASHO(ベスト場所)」や「BLUEPRINT by RENOSY」などのAIやRPAを活用した研究開発
・中古マンションのリノベーション設計施工

◆ デジタルベースキャピタル 会社概要
社名:株式会社デジタルベースキャピタル
代表者:代表パートナー 桜井 駿
企業URL :http://www.digitalbase.co.jp/
本社:東京都千代田区平河町1-3-6 BIZMARKS麹町6F
設立:2019年2月
事業内容 :
・PropTech特化型ベンチャーキャピタルの運営
・PropTech領域におけるインキュベーション、コンサルティング事業

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ