PR

ニュース 経済

【ヤフー・ZOZO会見詳報(5)】前沢氏、「新しい事業で困っている人助けたい」

 記者「辞任をしようと思われたのはいつ頃なんでしょうか。どういう理由で辞任をしようと考えたのか?」

 前沢「はい、ずばり9月に入ってからくらいです。ですので、この2週間くらいの間の決断と思っていただいてかまいません。では、先ほどから辞任に至る経緯を話していますが、簡単に言うと、僕よりより良い沢田という新社長がすぐそばにいたことに気付きましたし、冷静に、客観的に、このZOZOがこれから成長するために必要な経営体制はなんぞやと自問自答した結果、僕が退くということだと判断に至り、辞任することにさせていただきました。また、ヤフーの川辺社長、孫さんからもありましたけれど、最初は続投をとリクエスト受けていましたが、僕の得意分野でもある、感性的な、直感的な、野性的な勘、というのでしょうか。ここで僕が変に、数年、数カ月居座っても良いことないぞと。ここは潔くバトンを沢田に渡し、きれいに潔く辞任していくのが、ZOZOにとっても、ZOZOのサービスを利用するお客さま、取引先様、株主のみなさまにとっても、良かろうということで、急遽(きゅうきょ)、辞任させていただく運びとなりました。以上です」

 記者「少し厳しい質問かもしれません。前沢社長がこれまで金融機関に入れてきた株、担保が2000億円超えるといわれている。先ほどの説明だと、宇宙旅行は一人100億円くらい、バスキアでは43億円くらいということで、計算が合わないんではないかと。何にそんなにお金が必要だったのか」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ