PR

ニュース 経済

【ヤフー・ZOZO会見詳報(5)】前沢氏、「新しい事業で困っている人助けたい」

 前沢氏「2つ考えています。1つは宇宙との関わりだ。2023年に月に行くが、実はそれより前に、1回、宇宙に行きます。もう少し近場に行きます。それについては改めて報告しますが、訓練とか準備を考えると、もう今にも体を鍛え始め、英語やロシア語などいろんな言語を勉強し、宇宙飛行士の方々にいろいろご教授いただきながら、もうど素人なものですから。いろんな勉強をしなければならないということです。二つ目はやっぱり、事業家でありたいなという思いが非常に強いです。事業家と言っても、ただもうかるようなビジネスではなく、社会や人のために役立つそういうビジネスをやりたい。今となってはもう43歳になり、人生は折り返しています。急いで新しい事業を興したいと思っています。そしてZOZOの時のように、アパレルEC事業という本業1本ではなくて、複数の事業を同時並行で、どんどん進んで社会が変革できるような、そんなチャンスがあるなら、事業家として取り組んで参りたい。この2つの道でこれから一生懸命生きていきたい」

 記者「前沢社長に改めて、今回の経緯をお伺いしたい」

 前沢「せっかくご登壇いただいて、孫さん(孫正義・ソフトバンクグループ会長兼社長)にご挨拶いただいたが、一部、『あれっ』と思うことがあって。そもそも孫さんにご相談させていただいたのは、『人生、ロックに生きたんだ』とか、孫さんが言うように『いかがわしくありたいんだ』と相談しました。そしたら、『じゃあ、ヤフーの川辺くんを紹介するから、ちょっと2人で話してよ』、との感じで話が始まったというのが、実際のところのいきさつです」

 記者「今日はどう過ごしたのか」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ