PR

ニュース 経済

ファッションの展示会【PROJECT TOKYO】 にて、タケヤリの人気アイテムが展示されます。

株式会社タケヤリ
9月25日、26日渋谷ヒカリエにて開催される【PROJECT TOKYO】に、タケヤリが初の登場です。

 ファッション業界が探し求めるブランドを発掘する、感度の高い展示会が【PROJECT TOKYO】として東京にやってきます。この展示会には、タケヤリの撥水タイガー帆布シリーズが並びます。

 ニューヨーク、ラスベガスで年に数回開催されるファッション展示会「PROJECT」には、幅広いテイストのブランドが集まります。アメリカ以外で開催されるのは日本が初めてで、今回が2度目となる【PROJECT TOKYO】。厳しい審査を通過した国内外約250のブランドが出展予定。フランスやイタリア、イギリス、アメリカ、ヨーロッパ諸国のブランドも参加する、とても感度の高いイベントなんです。

 コンテンポラリーやリーディングブランド、新進デザイナーズなど、ファッション業界が探し求めるブランドを発掘&キュレートする、PROJECT TOKYO(プロジェクト・トーキョー)。今回は東京の中心地、渋谷はヒカリエにて開催が決定しました。

 今回展示されるタケヤリのアイテムは、国外からも高い評価を得るオリジナル素材【撥水タイガー帆布】を使用したシリーズです。

 ▲撥水タイガー帆布 ボックスパック ¥20,000 + 税
https://bit.ly/2lWE2Ti
その名のとおり、箱のようなデザインが圧倒的な存在感を生む、ボックスパック。

 ▲撥水タイガー帆布ワンショルダー ¥12,800 + 税
https://bit.ly/2jWd1Pf
コンパクトでいて、フィット感と収納力がバツグンのボディバッグ。

 ▲撥水タイガー帆布トートバッグM ¥9,000 + 税
https://bit.ly/2jRRWoW
シンプルなデザインのトートは、素材が生む立体感を際立たせます。

 今回ヒカリエホールに並ぶ【撥水タイガー帆布シリーズ】では、オンラインストアにて他にも数多くのデザインを展開しています。
併せて、是非ご覧ください。

 【撥水タイガー帆布シリーズ特集ページ】
https://bit.ly/2lANlrC

 ▼タケヤリの出店に関する情報は、こちらからご覧いただけます。
https://www.project-tokyo-info.com/exh2019sep/s/i.pl?i=J191561527018_3218&lang=ja

 場所:渋谷 HIKARIE(ヒカリエ) (9F Hikarie Hall)
日程:9月25日 (水) - 26日 (木)
時間:10:00 - 19:00
PROJECT TOKYO についての詳細は、下記リンクよりご覧ください。
https://www.project-tokyo.com/

 ※写真は、前回のPTOJECT TOKYOの様子です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 【明治21年創業帆布の老舗タケヤリ】
明治21年(1888年)創業。岡山県倉敷市のタケヤリは、倉敷の帆布の半分以上を作る日本で最も古い帆布工場。
日本の山岳文化黎明期を支えた登山用リュック、職人の工具入れに始まり産業資材としては、とび箱、体育館マット、帆船、トラックの幌、ベルトコンベアなどの生地を織り、日本の歴史と人々の生活に寄り添ってきました。
綿糸の整経から織布、検査にいたるまで工場で働く職人の手が紡いでいく。
それぞれの工程に人の手が入る事で、ぬくもりのある高品質な帆布が生産できる。
「帆布といえばタケヤリ」と呼ばれ続ける理由がここにあるのかもしれません。
なかでもタケヤリが保有するセルビッチのシャトル織機はタケヤリにしか織ることができない、超高密度の極厚帆布を実現、高度な職人技術と受け継がれる織機が最高品質を保証しています。
タケヤリが織る最高品質を保証する櫻星をまとった超高密度帆布、帆布製品は、今もなお、国内だけでなく世界中で愛され続けています。
--------------------------------------
会社HP:http://takeyari-tex.co.jp
公式オンラインストア:https://takeyari-tex.com
Facebook:https://www.facebook.com/takeyaricanvas
instagram:https://www.instagram.com/takeyaricanvas
イベント情報 instagram:https://www.instagram.com/takeyaricanvas_staff

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ