PR

ニュース 経済

サントリーホールのクリスマス 2019

公益財団法人サントリー芸術財団サントリーホール
サントリーホールならではの幸せなクリスマスのひとときをバッハ・コレギウム・ジャパンのクリスマス・キャロルと『メサイア』で

 サントリーホールは、2019年12月22日(日)、23日(月)に、2企画のクリスマスコンサートを開催します。世界トップレベルの人気と実力を誇るバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)が出演するクリスマス・キャロル公演と『メサイア』全曲演奏会。クラシックファンにもコンサートが初めての方にも幅広く「コンサートのあるクリスマス」をご提案する2つのクリスマス企画にご期待ください。9月12日にオープンした近隣のThe Okura Tokyoとの共同企画として、ランチ&スイーツブッフェ付き(22日)、ライトディナー付き(23日)のS席を席数限定の特別価格でご用意しています。

12月22日(日) 16:00開演
サントリーホールのクリスマス2019 withバッハ・コレギウム・ジャパン
~サントリーホール BELCA賞&日本建築学会賞 受賞記念~

2013~2017年開催の「サントリーホール クリスマス オルガンコンサート」でBCJにより演奏されたクリスマス・キャロルの傑作選に、キャロルの編曲者である鈴木優人のオルガンとゲスト奏者ギ・フェルベのトランペットが華を添えるクリスマスコンサートです。今年、建築界の栄誉ある2つの賞、BELCA賞と日本建築学会賞をダブル受賞したサントリーホールで、クリスマス直前の休日、当ホールの顔ともいうべきオルガンとBCJによる上質で洗練された合唱の豊かな響きを心ゆくまでお楽しみいただけます。

12月23日(月) 18:30開演
サントリーホール クリスマスコンサート 2019 バッハ・コレギウム・ジャパン『メサイア』

「第九」と並ぶ冬の風物詩、『メサイア』全曲演奏会。キリストの降誕、受難、そして復活に至る生涯を描く壮大な作品で、クリスマスシーズンには世界中で演奏されます。サントリーホールでは2001年より毎年開催し、今年で19回目を迎える名物企画です。BCJの『メサイア』で特筆すべきは、世界で活躍しているソリストを積極的に登用している点で、ソプラノのジョアン・ランやメゾ・ソプラノのオリヴィア・フェアミューレンは、BCJの海外ツアーでソリストを務めるなど信頼が厚く、今回『メサイア』には初登場となります。またテノールのセイル・キムはBCJと初共演ですが、ヨーロッパとアジアで幅広く活躍しており、大きな期待が寄せられています。そしてバスのロデリック・ウィリアムズは唯一2回目の出演となり、2014年以来5年ぶりに登場します。大英帝国勲章を受章するなど英国を代表する最高峰の歌手です。

サントリーホールのクリスマス 2019 withバッハ・コレギウム・ジャパン
~サントリーホール BELCA賞&日本建築学会賞 受賞記念~
Suntory Hall Christmas Concert 2019 with Bach Collegium Japan

 【日時】2019年12月22日(日)16:00開演(15:20開場)
【会場】サントリーホール 大ホール

 【出演】
オルガン:鈴木優人 Masato Suzuki, Organ
トランペット:ギ・フェルベ Guy Ferber, Trumpet
指揮:鈴木雅明 Masaaki Suzuki, Conductor
合唱:バッハ・コレギウム・ジャパン Bach Collegium Japan, Chorus
出演者プロフィールは後記詳細をご覧ください。

 【曲目】
<クリスマス・キャロル(鈴木優人 編曲)>
ことばは肉となった Verbum caro factum est /きよしこの夜 Silent Night /まきびとひつじを The First Noel /あめにはさかえ Hark! The Herald Angels Sing /神の御子は今宵しも O Come, All Ye Faithful /もろびとこぞりて Joy to the World! /キャロル・メドレー Carol Medley ほか
<オルガン・ソロ>
ダカン:『オルガンのための新ノエル集』より
Louis-Claude Daquin: Excerpts from Nouveau livre de noëls pour l’orgue
J. S. バッハ:パストラーレ ヘ長調 BWV 590
Johann Sebastian Bach: Pastorale in F Major, BWV 590
<トランペット&オルガン(ギ・フェルベ 編曲)>
クラーク:組曲 ニ長調 より Jeremiah Clarke: Excerpts from Suite in D Major
ダンドリュー:マリアの愛のためにノエルを Jean-François Dandrieu: “Noel pour l’Amour de Marie”
ほか

 【チケット料金】
S6,000円 A4,000円 S席ペア11,000円(S席2枚/限定40組)
※The Okura Tokyoランチ&スイーツブッフェ付きS席¥15,000[税・サ込]については、後記詳細をご覧ください。

 【主催】サントリーホール
【協賛】
森ビル株式会社、株式会社安井建築設計事務所、株式会社入江三宅設計事務所、株式会社永田音響設計、株式会社建築設備設計研究所、鹿島建設株式会社、三機工業株式会社、株式会社きんでん、ALSOKビルサービス株式会社
【協力】The Okura Tokyo

 【チケット発売】
サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売:2019年9月12日(木)10時~9月18日(水)
一般発売:2019年9月19日(木)10時~
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017(10:00~18:00、休館日を除く)
サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
※メンバーズ・クラブは要事前登録(会費無料・WEB会員は即日入会可)
サントリーホール窓口(10:00~18:00、休館日を除く)
※先行期間中は窓口での販売はございません。
バッハ・コレギウム・ジャパン チケットセンター 03-5301-0950
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード: 161-360]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード: 32413]

サントリーホール クリスマスコンサート2019
バッハ・コレギウム・ジャパン『メサイア』
Suntory Hall Christmas Concert 2019
Bach Collegium Japan “MESSIAH”
Since 2001

 【日時】2019年12月23日(月)18:30開演(17:50開場)
【会場】サントリーホール 大ホール

 【出演】
指揮:鈴木雅明 Masaaki Suzuki, Director
合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン Bach Collegium Japan, Chorus & Orchestra
ソプラノ:ジョアン・ラン Joanne Lunn, Soprano
アルト(メゾ・ソプラノ):オリヴィア・フェアミューレン Olivia Vermeulen, Alto (Mezzo-Soprano)
テノール:セイル・キム Seil Kim, Tenor
バス(バリトン):ロデリック・ウィリアムズ Roderick Williams, Bass (Baritone)
出演者プロフィールは後記詳細をご覧ください。

 【曲目】ヘンデル:オラトリオ『メサイア』HWV 56 George Frideric Handel: Messiah, HWV 56

 【チケット料金】
S10,000円 A8,500円 B7,000円 P4,500円 学生1,000円
※学生席は、サントリーホールチケットセンター(WEB・電話・窓口)のみ取り扱い。
25歳以下、来場時に学生証提示要。お一人様2枚まで。
※The Okura Tokyoライトディナー付きS席22,000円[税・サ込]については、後記詳細をご覧ください。

 【主催】サントリーホール
【協力】The Okura Tokyo

 【チケット発売】
サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売:2019年9月12日(木)10時~9月18日(水)
一般発売:2019年9月19日(木)10時~
サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017(10:00~18:00、休館日を除く)
サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
※メンバーズ・クラブは要事前登録(会費無料・WEB会員は即日入会可)
サントリーホール窓口(10:00~18:00、休館日を除く)
※先行期間中は窓口での販売はございません。
バッハ・コレギウム・ジャパン チケットセンター 03-5301-0950
チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード: 161-362]
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 [Lコード: 33861]

サントリーホール×The Okura Tokyo のスペシャル・コラボレーション
池田順之総料理長によるコンサート限定
≪クリスマス特別ランチ&スイーツブッフェ(12月22日)≫
≪クリスマス特別ライトディナーコース(12月23日)≫

★サントリーホールのクリスマス2019 withバッハ・コレギウム・ジャパン
クリスマス特別ランチ&スイーツブッフェ

【コンサート日時】2019年12月22日(日)16:00開演(15:20開場)
【ブッフェ日時】2019年12月22日(日)12:30~受付開始/13:00~15:00お食事(最終入場14:30)
【ブッフェ会場】The Okura Tokyo「曙の間」(オークラ プレステージタワー1階)
【メニュー】
フィレンツェ風 オムレツ、サーモンのロースト 胡麻風味、ローストビーフ シェフのカービングサービス、若鶏のロティ パート包み焼き ハーブの香り、オークラ特製 野菜カレー、シェフパティシエおすすめのデザート、野菜の煎り焼き点心、豚肉細切り焼そば
など、30種類以上の豊富なメニューをご用意[1ドリンク付]
【チケット料金】
The Okura Tokyoランチ&スイーツブッフェ付きS席 ¥15,000[税・サ込](席数限定)

★サントリーホール クリスマスコンサート 2019 バッハ・コレギウム・ジャパン『メサイア』
クリスマス特別ライトディナーコース

【コンサート日時】2019年12月23日(月)18:30開演(17:50開場)
【ディナー日時】2019年12月23日(月)16:15~ディナー受付開始/16:45~18:00お食事(最終入場17:00)
【ディナー会場】The Okura Tokyo「曙の間」(オークラ プレステージタワー1階)
【メニュー】
食前にフォワグラ入りミートボール/真鯛と赤身鮪マリネのカネロニ 二部作 キャビア飾り
ジュリエンヌサラダとハーブブーケ 二色ソースのハーモニー/十種野菜のポタージュ
牛フィレ肉の塩釜包み焼き クリスマス風付け合せ野菜 伝統的な赤ワインソース
二種の苺の香り ピスタチオのアクセント
コーヒーと小菓子 全7品のコースメニュー[ドリンク付]
【チケット料金】
The Okura Tokyoライトディナー付きS席 ¥22,000[税・サ込](席数限定)
【ご予約・お問合せ(両プランとも)】
The Okura Tokyoイベント予約係:03-3224-7688(月~金 10~17時、祝日を除く)9月19日(木)10時受付開始
サントリーホールチケットセンター:
0570-55-0017(10~18時、休館日を除く)9月19日(木)10時受付開始(電話※クレジット決済のみ・窓口)
※特別ご宿泊プランあり
詳細・お問合せ:The Okura Tokyo客室予約課 03-3224-6700(月~金 9~19時)*定員になり次第締切

 ※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
公演の最新情報はホームページにて発表いたします。

 【プロフィール】
■指揮:鈴木雅明 Masaaki Suzuki, Conductor
バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)音楽監督。1990年BCJを創設して以来、バッハ演奏の第一人者として名声を博す。グループを率いて欧米の主要なホール、音楽祭に多く出演、極めて高い評価を積み重ねている。近年はモダン・オーケストラとも活発に共演し、多彩なレパートリーを披露。2001年ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章、平成23年紫綬褒章など受章。12年バッハの演奏に貢献した世界的音楽家に贈られる「バッハ・メダル」、ロンドン王立音楽院・バッハ賞を受賞。第45回(13年度)サントリー音楽賞をBCJと共に受賞。15年ドイツ・マインツ大学よりグーテンベルク教育賞を受賞。イェール大学アーティスト・イン・レジデンス、シンガポール国立大学ヨン・シュー・トー音楽院客員教授、神戸松蔭女子学院大学客員教授、東京藝術大学名誉教授、オランダ改革派神学大学名誉博士。

■合唱(22日)/合唱・管弦楽(23日):バッハ・コレギウム・ジャパン Bach Collegium Japan, Chorus & Orchestra
世界的なバッハ演奏家として、オルガン・チェンバロ奏者、指揮者、また音楽研究者としてもその才能を高く評価されている鈴木雅明により1990年に結成された。バッハの宗教作品を中心としたバロック音楽の理想的な上演を目指し、日本国内外で活発な演奏活動を展開。95年から時系列順で取り組んできた『バッハ:教会カンタータシリーズ』が2013年に、『バッハ:世俗カンタータシリーズ』が17年7月に全曲演奏・録音を完遂。14年エコー・クラシック賞エディトリアル・アチーブメント・オブ・ザ・イヤー部門、13年度第45回サントリー音楽賞、17年グラモフォン賞(『モーツァルト:ミサ曲 ハ短調』)ほか受賞多数。
[12月22日出演予定合唱メンバー]
ソプラノ:澤江衣里、清水 梢、藤崎美苗、松井亜希、望月万里亜
アルト:青木洋也、鈴木 環、高橋ちはる、中村裕美、布施奈緒子
テノール:石川洋人、鏡 貴之、沼田臣矢、水越 啓
バス:浦野智行、加藤宏隆、藤井大輔、渡辺祐介

■オルガン:鈴木優人 Masato Suzuki, Organ(22日)
東京藝術大学および同大学院修了。オランダ・ハーグ王立音楽院修了。バッハ・コレギウム・ジャパン首席指揮者。鍵盤奏者・指揮者として国内外の公演に多数出演し、今年11月には指揮者としてNHK交響楽団にも初登場予定。NHK-FM の「古楽の楽しみ」にレギュラー出演。調布国際音楽祭エグゼクティブ・プロデューサー。舞台演出、企画プロデュース、作曲とその活動に垣根はなく各方面から大きな期待が寄せられている。
Twitter:@eugenesuzuki
Facebook:@masatosuzukimusic

■トランペット:ギ・フェルベ Guy Ferber, Trumpet(22日)
フランス生まれ。1989年、リヨン国立高等音楽院を首席で卒業。スイスのバーゼル・スコラ・カントルムなどでナチュラル・トランペットを学ぶ。鈴木雅明、J. サヴァール、P. ヘレヴェッヘ、W. クリスティなどの指揮者や様々なバロック・アンサンブルとの共演多数。

■ソプラノ:ジョアン・ラン Joanne Lunn, Soprano(23日)
ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージックに学び、タゴール・ゴールドメダルを得て卒業。クリストファーズ指揮『ポッペアの戴冠』でイングリッシュ・ナショナル・オペラにデビューし、ガーディナー指揮『真夏の夜の夢』などの舞台で活躍。「鈴のように澄明に響き渡る、つややかに輝く声」(英 スコッツマン紙)と評価され、モンテヴェルディからマーラーまで幅広いレパートリーで活躍している。録音も多く、BCJとは『狩のカンタータ』(『世俗カンタータ集』第2巻)に続き、『結婚カンタータ』(同第3巻)、『大学教授祝賀カンタータ』(同第4巻)、『誕生日祝賀カンタータ』(同第5巻)、『追悼のカンタータ集』(同第6巻)、『パンとフェーブスの歌合戦』(同第9巻)をリリース。

■アルト(メゾ・ソプラノ):オリヴィア・フェアミューレン Olivia Vermeulen, Alto (Mezzo-Soprano)(23日)
デトモルトおよびベルリン芸術大学に学んだのち、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、アンドレアス・ショルのマスタークラスに参加。2008年バイエルン放送主催の国際声楽コンクール「ラ・ヴォーチェ」で優勝。グラモフォン賞を受賞したBCJの『W. A. モーツァルト:ミサ曲 ハ短調』CD録音に参加。同曲を演奏した18年のBCJヨーロッパツアーでも高い評価を受けた。16年ベルリン国立歌劇場にデビュー、19年1月にはヤーコプス指揮スカルラッティ:オラトリオ『カイン』アベル役でパリ・オペラ座にデビューするほか、現代作品の初演にも意欲的に挑戦するなど、近年、多才なソリストとして国際的に評価が高まっている。
www.oliviavermeulen.com/

■テノール:セイル・キム Seil Kim, Tenor(23日)
ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院、ジュネーブ音楽院、チューリッヒ芸術大学に学ぶ。コンセルトヘボウ、ウィーン楽友協会、ソウル・アーツセンター、ルツェルン・ヘンデル・フェスティバルなどヨーロッパとアジアを舞台に活躍している。モンテヴェルディ『オルフェーオ』表題役、シャルパンティエ『地獄へ降りるオルフェウス』オルフェウス役、バッハ『マタイ受難曲』エヴァンゲリスト役、モーツァルト『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオ役など、バロックからモダンにわたり、オペラ、宗教曲、歌曲など幅広いレパートリーを持つ。
第8回J. S. G. 国際歌曲コンクール第2位(1位なし)、マリア・カラス国際グランプリ第2位、ヴェルビエ音楽祭アカデミー・ベスト・シンガー賞、スヘルトーヘンボス国際声楽コンクール歌曲賞ほか、受賞多数。
現在、オランダ国立オペラスタジオ所属。アート・カウンシル・コリア・フューチャー・アーティスト。韓国・江原大学校声楽科准教授。アムステルダム在住。

■バス(バリトン):ロデリック・ウィリアムズ Roderick Williams, Bass (Baritone)(23日)
イギリスを代表するバリトンの一人。バロックから現代音楽におよぶレパートリーをもち、知的な歌唱でオペラ、コンサート、リサイタルに幅広く活躍している。2016年ロイヤル・フィルハーモニック協会の年間最優秀声楽家賞を受賞。17年大英帝国勲章オフィサー章を受章。BBCの各オーケストラをはじめとするヨーロッパ各地のオーケストラと共演、BBCプロムス、チェルトナム、オールドバラなどの音楽祭にも出演している。イエス役で出演したラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のバッハ『ヨハネ受難曲』(セラーズ演出・15年)は大きな話題を呼び、19年に再演された。作曲家としても活動し、ウィグモアホール、バービカンホール、パーセルルームなどで作品が初演され、BBCでライブ放送されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ