PR

ニュース 経済

オンライン完結の売掛保証「URIHO」、フィンテックアワード2019で「テクノロジーアワード」を受賞!

ラクーンホールディングス
株式会社ラクーンフィナンシャル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:秋山 祐二)が提供する売掛保証サービス「URIHO(ウリホ)」は、2019年9月11日に開催された「フィンテックアワード2019」にて「テクノロジーアワード」を受賞しました。

■概要
フィンテックアワード2019は、フィンテックの業界団体である一般社団法人フィンテックガーデン(理事長:義永洋士、本部:東京都千代田区)が主催するコンテストです。

 世界中で金融とITの融合化である「フィンテック」が急速に進化を遂げており、業界の成長には中小のIT企業、起業家による斬新なクラウドシステムの開発が欠かせません。そこで日本で大きな課題となっているフィンテック・プログラム開発者の育成を促し、市場の拡大に貢献することを目指して本コンテストは開催されました。

 このたび受賞の対象となったのは、年商10億円以下の中小企業に向けたオンライン完結型の売掛保証「URIHO」です。URIHOは、申込みから与信審査、保証の請求に至るまで全ての手続きをオンライン上で行えるフィンテックサービスです。さらに、これまで培ってきた金融とITのノウハウを掛け合わせ、業界初となる「定額制・保証かけ放題*1」のビジネスモデルを実現しました。

 中小企業が手間なく低コストで導入できる保証サービスは他になく、URIHOは保証業界の裾野を着実に広げています。こうした新規性や革新性が評価され今回の受賞につながりました。

 URIHOとしては、2017年に開催された「Ruby bizグランプリ2017*2」で受賞した「Fintech賞」に続く2度目のアワード受賞となります。今後も、新たなリスク管理の手法として、中小企業のビジネスチャンス拡大・挑戦を後押ししてまいります。

 *1) 各プランごとに保証額の上限が設定されています。その枠の中であれば何社でも保証が可能です。
*2) ビジネスの領域においてプログラム言語 Ruby の特徴を活かして、新たなサービスを創造し世界へ発信している企業、団体及び個人を対象としたグランプリ(https://rubybiz.jp/prize_2017.html

■フィンテックアワード2019に関する詳細ページ
https://fintech-garden.com/award2019.html/

■参照
URIHO https://uriho.jp

 年商10億円以下の中小企業・個人事業主を対象に、売掛債権を保証するフィンテックサービス。取引先の経営状況の悪化や倒産等で支払いがなかった場合でも、URIHOが代わりに取引代金を支払います。申込みから与信審査、保証の請求に至るまで自動化し、業界初の「定額制・保証かけ放題*1」を実現しました。2016年8月にサービス開始。月額料金は9,800円、19,800円、29,800円の3種類。

株式会社ラクーンフィナンシャル

 代表者 :代表取締役社長 秋山 祐二
所在地 :東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目14番14号
設立 :2010年10月
資本金 :490,000千円
株主 :株式会社ラクーンホールディングス100%
東京証券取引所市場第一部上場 証券コード3031
https://financial.raccoon.ne.jp

■サービスに関するお問合せ先
URIHO推進部 松田
TEL:03-6661-0577

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ