PR

ニュース 経済

Repro、minneとAIによるパーソナライズした情報発信を目的とした実証実験を開始

Repro
~パーソナライズはどこまでエンゲージメントに寄与するか~

 世界59か国6,500以上の導入実績を持つCE(Customer Engagement)Platform Reproを提供するRepro(リプロ)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平田 祐介、以下、当社)のAI・機械学習を活用した機能の研究開発チーム「Repro AI Labs」は、GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤 健太郎)が運営する国内最大*?のハンドメイドマーケット「minne(ミンネ) byGMOペパボ(以下、minne)」とともにAIを活用した実証実験プロジェクトを開始したことをお知らせいたします。

 当社は、「企業とユーザーのコミュニケーションを最適化する」というミッションのもと、CEプラットフォーム「Repro」の開発および提供を行っています。
web・アプリのユーザーの行動・属性データにもとづき、適切なコミュニケーションを図ることができる「Repro」を通してマーケティング活動を実施することで、ユーザーのエンゲージメント向上に貢献しています。
2018年にはマーケティングの自動化を目的に、AI・機械学習を用いた機能の研究開発チーム「Repro AI Labs」を新設し、マーケターがキャンペーンの企画やクリエイティブ制作、コピーライティングなどの、より本質的な業務に向き合うことができるよう、実用性を追求したAI機能の開発に努めています。

 「minne」は現在55万人を*²超える作家による1000万点*²以上の作品が販売・展示されている、国内最大のハンドメイドマーケットです。
「minne」は、多くの作品の中から購入者が好みの作品に出合えるよう、作品のカテゴリー表示や、検索機能の改善、作品を検索しやすくするハッシュタグ機能といった機能提供のほか、季節や時事などに合わせた作品を紹介するなどのコンテンツの提供を行っています。

 そこで、「Repro AI Labs」と「minne」は、 “『好き』が増え、『自分の世界』が広がり、お気に入りに囲まれた、より豊かな日々をつくる”というテーマを掲げ、ユーザーが好みの作品で出合える場を作るべく、共同でAIを活用した実証実験を実施することといたしました。

 まずは、作品購入などといった、“コンバージョン(CV)する可能性が高いユーザー”をAIが予測できるかどうかの実証実験を行います。

 「minne」ユーザーの行動・属性情報をもとにパーソナライズした適切なコミュニケーションを通じ作品を広めるとともに、エンゲージメントの向上を狙います。

 当社はこれらの実験を通してひとりでも多くの方に「minne」が提唱するものづくりの魅力や世界観を広め、ユーザーがお気に入りのものに囲まれた、より豊かな日々が過ごせるようになるための支援に努めてまいります。

 *¹:2018年11月発行 一般社団法人ホビー協会「ホビー白書2018年版」ハンドメイドマーケットサイト比較表(2018年6月末時点)
*²:2019年8月末時点

「minne」について

 「minne」は、ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐサービスです。全国各地の55万人以上の作家によって生まれた、1000万点以上の作品(2019年8月末現在)との新しい出合いをお届けしています。「minne」ではピアスなどのアクセサリーをはじめ、ステーショナリー、生活雑貨、食品など、様々なハンドメイド作品の販売・購入をすることができます。

 minne  :https://minne.com
iOS版  :https://app.adjust.com/7s0hw?utm_source=repro&utm_medium=pr
Android版:https://app.adjust.com/j4036n?utm_source=repro&utm_medium=pr

 社名   :GMOペパボ株式会社(JASDAQ 証券コード:3633)
所在地  :東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  :佐藤 健太郎
設立   :2003年1月
事業内容 :ホスティング事業、EC支援事業、ハンドメイド事業
URL  : https://pepabo.com/

Reproについて

 「Repro」は2015年にリリースした事業成長につながるカスタマーエンゲージメントを生み出すマーケティングプラットフォームです。現在世界59か国6,500以上(2019年4月時点)のサービスで利用されています。
web・アプリユーザーの行動・属性情報を分析し、ユーザーが動く最適な「体験」と「今」を見える化。分析結果からプッシュ通知・アプリ内メッセージ・webメッセージ・広告配信などのマーケティング施策を一気通貫して実行することができます。
また、よりエンゲージメントを生み出すため、AI・機械学習を活用した機能の研究開発チーム「Repro AI Labs」では、マーケティングの自動化に向けた実証実験と開発を進めており、AIがアプリから離脱する可能性が高いユーザーを約90%の精度で予測することに成功。商用化も実現しています。
Reproは「企業とユーザーのコミュニケーションを最適化する」というミッションのもと、web・アプリのみならず、新たな領域のデータを連携させ、世の中のサービスとユーザーが結びつき、共創し合う最適な体験を実現できる世界を創ってまいります。

 社名 :Repro株式会社
所在地 :東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル4F
代表者 :平田 祐介
設立 :2014年4月
事業内容:モバイルアプリ・web向けのCE(Customer Engagement)Platform Reproの開発・提供
Twitter :https://twitter.com/reproio
Facebook:https://www.facebook.com/reproio

 アプリの成長を支援するメディア「グロースハックジャーナル」:https://growthhackjournal.com/
Twitter:https://twitter.com/GrowthHackJnl
Facebook:https://www.facebook.com/growthhackjournal/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ