PR

ニュース 経済

ボイスアップラボ、Aelxa スキル「どうぶつびより」で Amazon Alexa Developer スキルアワード 2019 グランプリに選出!

ボイスアップラボ株式会社
Alexaスキル開発者の登竜門的コンテストでグランプリ獲得

 スマートスピーカー用の音声スキルやチャットボットの開発を手がけるボイスアップラボ株式会社(京都市、代表取締役:小林貫)は、Amazonが開催するAlexa スキルの開発を競うコンテスト「Amazon Alexa Developer スキルアワード2019」にてグランプリに選出されたことをお知らせします。

 Amazon Alexa Developer スキルアワード2019は、今年で2回目となる、開発者を対象にAlexaスキル開発の場を提供することを目的とするスキルコンテストです。同コンテストの審査基準は、1)継続性(ユーザーが何度でも使いたくなるスキル)、2)わかりやすさ(ユーザーが使いやすい音声インターフェイス)、3)独創性(アイデア・技術が独創的)の3項目です。これらの基準で審査が行われ、この度、ボイスアップラボが手がけたAlexaスキル「どうぶつびより」が「Alexa Developer スキルグランプリ」に選出されました。

 *Amazon Alexa Developer スキルアワード2019 公式ページ
https://amazonalexaskillawards2019.splashthat.com

■ Alexaスキル「どうぶつびより」とは?
どうぶつびより 公式ページ(動画あり)
https://voiceapp-lab.com/apps/animal/

<音声デバイス x Webというまったく新しい体験>
どうぶつびよりはスマートスピーカー専用の「対戦型 落ちものパズルゲーム」です。音声ゲームでありながら、スマホやパソコンのWebブラウザでゲーム画面を見ながらプレイできるため、音声で照明や家電を操作するように、Webコンテンツをリアルタイムで操作して楽しむことができます。

 ゲームはログイン不要のオープン型対戦システム。同時に起動している他のスピーカーユーザーとリアルタイムで随時対戦できます。使い慣れたWebブラウザをゲーム画面に採用することで、画面をもたない従来型のEchoシリーズでもビジュアル効果を楽しみながら遊ぶことができます。

<起動方法>
1)スマホやパソコンを手元に用意します
2)「アレクサ、どうぶつびよりを開いて」
3)指示にしたがってWebブウウザでゲーム画面を開きます

<遊び方 - 「1ばんにゾウをふらせて!」>
あなたの音声デバイスが空から動物をふらせます。ふらすことができる動物は、「ぞう」「うし」「さる」「ひつじ」「とら」「ぶた」「にわとり」の7種類。上下左右に4個つながると、消えて得点になります。消えた後に落ちてくる動物がつながれば「2連消し」「3連消し」の連鎖ワザでボーナス得点を獲得できます。
ベストスコアは上位10位までランキングに掲載。また、累計スコアと連動して、A~Zのランク(称号)が付与されます。

■ Amazon Alexaについて
Amazon Echoを支える頭脳であるAlexaは、クラウドに構築され、常に進化し、賢くなっています。Alexaに話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、スポーツ結果の確認など、日常のさまざまな場面で役に立ちます。Echoの遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所からでも、話しかけるだけで、これらのすべてを行うことができます。

■ ボイスアップラボについて
ボイスアップラボは、京都を拠点に活動中の音声スキルやチャットボットを手がけるクリエイターユニット。Amazon AlexaやGoogle Home、LINE Clovaなどのスマートスピーカー向けに、延べ50本以上の音声スキルをリリースしています。私たちが生み出すコンテンツは「楽しくて」「ついつい使っちゃう」もの。「会話」をハブにますます変化していく生活スタイルやコミュニケーションの未来を、私たちはデザインしていきます。

 Alexaスキル「キャプテン九九」にてAlexaスキルアワード2018ファイナリストに選出。その他、9本のスキルにて、スキルリワード(評価の高いAlexaスキルを公開した開発者に対してAmazonより与えられるリワードプログラム)を獲得。質の高いノウハウを元に、企業向けスキルの開発およびコンサルティングを行っています。

<ボイスアップラボ Webサイト>
https://voiceapp-lab.com/

 *文中に記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ