PR

ニュース 経済

アンテナがバンド表記を「ANTENA」に改名。デジタルシングル「入道雲」の配信&名阪仙をまわるツアー「Forsta resan」を発表!

株式会社テイチクエンタテインメント

 仙台出身のロックバンド「アンテナ」が、中国での音楽配信開始を機に、バンド表記を「ANTENA」に変更することを発表した。

 ANTENA(アンテナ)は、2017年10月、1st Mini Album「モーンガータ」で、BOGUS RECORDS(テイチクエンタテインメント)よりメジャーデビュー。翌年の4月より約7ヶ月間の活動休止期間を経て、2018年11月に活動再開。その後のツアー「NYTT LANDSKAP」ではソールドアウト公演を連発し、すでに発表された来年、2020年2月22日に渋谷WWWにて開催するワンマンライブはすでに完売となっている。

 今年5月にリリースされたデジタルシングル「ごきげんよう」に続き、2019年第2弾となるデジタルシングル「入道雲」を9月25日(水)にリリースすることがこの度発表され、Music Videoも同日公開される予定だ。

 この「入道雲」は、エッジの効いたギターが印象的な曲で、Vo.渡辺 特有の人間の機微に焦点を当てた歌詞にも注目してほしい。まさに残暑厳しい夏の空に心地よく響く、ANTENAならではのサウンドとなっている。

 作詞・作曲を手がける渡辺諒は「優しさと冷たさ、願いと諦め、理想と現実、期待と不安、そういう狭間で常に選択し続けること、そのどれを選んでも道があること。日々の道しるべに、と想いながら作った曲です。優しいあなたに届きますように」とコメント。

 また、名古屋、大阪、仙台の3箇所をまわるツアー「Första resan」の開催も発表。このツアーから会場限定CD「夢 ユメ ゆめ」が発売されるので、こちらも是非会場で手に入れて頂きたい。

 チケットの一般発売は10月5日午前10時より開始されるが、それに先駆け本日9月12日12時より各地のオフィシャル先行販売が開始される。

 ANTENAならではの世界観をつくりつづける彼らの「今」を、ライブ会場でぜひ体感してほしい。

 【リリース情報】

 2019年9月25日(水) デジタルシングル「入道雲」配信スタート。

 【ライブ情報】

 ■ANTENA ツアー 「Första resan」開催決定!
2019年11月20日(水)心斎橋VARON ※対バンあり
2019年11月21日(木)新栄Heart Land w/ Helsinki Lambda Club
2019年11月26日(火)仙台enn3rd ※ワンマン

 2019年9月28日(土)「音ドキッ!LIVE vol.3」 at 札幌cube garden
2019年10月5日(土)「MEGA★ROCKS」 at 仙台市内複数会場
2019年10月27日(日)「HOLIDAY CIRCUS 2019」 at CROSS DOCK HARUMI
2020年2月22日(土)ANTENA ワンマンライブ「Liten stad」at 渋谷WWW [SOLD OUT]
他ライブ情報及び詳細はオフィシャルウェブサイトをご覧ください。

 【LINKS】
ANTENA OFFICAL WEB SITE : http://antena-official.com/
Twitter:https://twitter.com/antena_sendai
Instagram:https://www.instagram.com/antena.sendai/
MSEストア : http://www.mse-store.com

 【プロフィール】
2011年宮城県仙台市で結成。インディーズ時代に4枚のミニアルバムと5枚のシングルを発表。2017年10月 1st mini Album「モーンガータ」でメジャーデビュー。同作品は「第10回CDショップ大賞2018」の「東北ブロック賞」を受賞。
2018年4月、Vocal 渡辺諒の療養にともない、バンドは活動休止するも既にレコーディングされていた楽曲「ずっとベイビー」を同年6月にデジタルシングルとしてリリースし、Spotifyのバイラルトップ50(日本)にて初登場1位(2日連続)獲得。
同年11月デジタルシングル「深い 深い 青」をリリースし活動再開。
2019年1月2nd mini Album「深い 深い 青」をリリース。ツアー「NYTT LANDSKAP」東京、仙台、大阪公演をソールドさせ大盛況となる。同年5月1日、平成時代へのお別れと新たに来る時代への挨拶の気持ちを込め元号が変わるその日にデジタルシングル「ごきげんよう」リリース。
来年2月22日に渋谷WWWにて開催されるワンマンライブのチケットは既にソールドアウト。
Vocal 渡辺の地声とファルセットの緩やかな境界線を武器に、人間の機微を歌い、脈々と受け継がれてきた邦楽のメロディラインと、今なお鳴り続ける洋楽サウンドテイストを波に乗せる。ANTENAが鳴らすのは、バックグラウンドの邦楽と、進化を続ける洋楽テイストの、“ニューレトロ”というキーワード。

 ■テイチクエンタテインメント
http://www.teichiku.co.jp/artist/antena/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ