PR

ニュース 経済

東大発ベンチャー Genomedia、世界最大規模のがんゲノムスクリーニング基盤に臨床・ゲノム情報統合クラウドサービス提供開始

Genomedia株式会社
Genomedia(R) Front Cloud Serviceを国立がん研究センターが実施する「SCRUM-Japan」第三期に提供開始

 Genomedia株式会社(代表取締役:山田 智之、東京都文京区、以下 Genomedia)は、臨床情報と臨床シークエンス情報、その他解析情報の統合管理をクラウド上でセキュアに実現する臨床ゲノム統合データ管理サービスGenomedia(R) Front Cloud Serviceを、国立研究開発法人 国立がん研究センター(理事長:中釜 斉、東京都中央区)が2019年6月より開始した、世界最大規模のゲノムスクリーニング基盤「SCRUM-Japan」第三期(LC-SCRUM-Asia、MONSTAR-SCREEN)に提供開始致します。

 Genomediaはこれまで、国立がん研究センターが実施する、固形がんを対象としたわが国初の産学連携がんゲノムスクリーニングプロジェクトである「SCRUM-Japan」第一期、第二期に2015年以来Genomedia(R) Frontを提供し、1万例(肺がん約5400例、進行消化器がん約5700例)を超えるがん患者さんの臨床・ゲノムデータ共有システムを構築。66のアカデミア施設、17の製薬企業との間での臨床ゲノム情報の共有に貢献してまいりました。

 「SCRUM-Japan」第三期では、がん組織を採取せずに血液で簡便にがんの遺伝子解析を行うことが可能であり、経時的に複数回遺伝子解析を実施することができる「リキッドバイオプシー」研究が進められており、今後、MRD(微少残留腫瘍)モニタリング、再発リスクの高い症例の同定、早期治療応答の評価、リアルタイムでの耐性の進化の評価などへの展開が期待されています。

 そのため、今回Genomediaが「SCRUM-Japan」第三期に提供開始するGenomedia(R) Front Cloud Serviceでは、これまでのGenomedia(R) Frontの機能をクラウド上のサービスとして実現するとともに、血液を用いた遺伝子解析(リキッドバイオプシー)に対応した時系列解析機能が追加されています。また、臨床情報、臨床シークエンス情報、その他解析情報、公的データベース等からの情報、検出された遺伝子変異情報に対応した薬剤に関する情報、実施中の治験情報等を統合した「統合がんゲノムレポート」を出力することが可能となっており、組織検体に対する解析結果に加え、リキッドバイオプシーに対する解析結果に対してもレポート出力を実施します。

 Genomediaは、「SCRUM-Japan」第三期プロジェクトへのGenomedia(R) Front Cloud Serviceの提供によって、世界最大規模のゲノムスクリーニング基盤におけるリキッドバイオプシー情報と臨床情報の統合管理を実現するとともに、臨床現場への「統合がんゲノムレポート」提供実績の蓄積を通して、プレシジョン・メディシン時代における標準プラットフォーム構築を目指します。

 ■「SCRUM-Japan」概要

 「SCRUM-Japan(Cancer Genome Screening Project for Individualized Medicine in Japan)は、固形がんを対象としたわが国初の産学連携がんゲノムスクリーニングプロジェクトであり、2015年2月の設立から4年間で1万例を超える進行がん患者さんが研究に参加している、世界最大規模のゲノムスクリーニング基盤です。

 第一期・第二期までのSCRUM-Japanでは、全国肺がん遺伝子診断ネットワークの「LC-SCRUM-Japan」と、全国消化器がん遺伝子診断ネットワークの「GI-SCREEN-Japan」の大きく2つのプロジェクトで研究が進められてきました。第三期では、下記2つのプロジェクトが、有効な治療薬を適切な患者さんにいち早く届けることを目標として実施されます。

 ・「LC-SCRUM-Asia」:スクリーニング基盤をアジア諸国へ拡大。アジアの医療機関が一体となって、希少頻度の遺伝子変化を持つ肺がん患者さんをスクリーニングして、新薬開発につなげることを目的に設立。

 ・「MONSTAR-SCREEN」:消化器がんに加え、肺がんを除く広範な固形がんの患者さんをも対象にした遺伝子診断ネットワークを構築。血液を用いたがん遺伝子解析(リキッドバイオプシー)と腸内細菌叢解析も実施されます。

 ■Genomedia株式会社 概要

 2013年創業の東京大学発ベンチャー企業。『ゲノム情報を活用して、豊かな生活、より良い地球環境の実現に貢献する』というミッションのもと、2015年より、国立がん研究センターをはじめとする様々な医療機関、研究機関等に、ゲノム情報と臨床情報の統合システムGenomedia Frontを提供。SCRUM-Japan第一期、第二期への提供を経て、ゲノム医療向けクラウドサービスGenomedia Front Cloud Serviceを開発、提供開始。

 代表者:代表取締役 山田 智之
所在地:東京都文京区
設立:2013年10月
URL:https://genomedia.jp/

 ■本件に関するお問い合わせ先

 TEL:03-6801-6811
E-mail:contact@genomedia.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ