PR

ニュース 経済

【動画】ZOZO前沢氏「大きな決断できて嬉しい」 孫氏も駆け付ける

ソフトバンクグループの孫正義会長(左)と肩を組むZOZOの前沢友作前社長=12日午後、東京都目黒区(古厩正樹撮影)
ソフトバンクグループの孫正義会長(左)と肩を組むZOZOの前沢友作前社長=12日午後、東京都目黒区(古厩正樹撮影)

 ヤフーは12日、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOを買収すると発表した。10月上旬からZOZOに対して株式公開買い付け(TOB)を実施して、50・1%の株式を取得し、子会社化する。買収額は約4千億円。国内のインターネット通販市場の競争が激しさを増す中、双方の通販サイトで顧客基盤強化を進め、先行するアマゾンジャパンや楽天を追撃する。

 ZOZOの創業者の前沢友作氏は同日付で社長を退任。後任には沢田宏太郎取締役が就任した。前沢氏はZOZOの株式を約37%を保有しているが、TOBに応じて株式を売却し、同社の経営から退く。ZOZOはTOB成立後も上場を維持し、ヤフーから取締役2人の派遣を受ける。

 12日の会見でヤフーの川辺健太郎社長は「年齢など利用者の属性が異なり、相互に顧客基盤の拡大が見込める」と買収の狙いを述べた。ヤフーは広告が主力事業だが、今後はEC(電子商取引)が成長の原動力になるとの見方を示し、2020年代前半にEC取扱高で国内ナンバーワンになる目標に「現実的に手が届きつつある」と強調した。

 一方、前沢氏も「ものすごいシナジーを持った提携になる。最後に大きな決断ができて嬉しい」と述べた。会見には前沢氏がかねて尊敬する経営者として名をあげていたソフトバンクグループの孫正義会長兼社長も途中から参加し、退任する前沢氏をねぎらった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ