PR

ニュース 経済

「ドラクエウォーク」正式サービス開始

 スクウェア・エニックスは9月12日、位置情報を活用したスマートフォンゲーム「ドラゴンクエストウォーク」(iOS/Android)のサービスを開始した。

ドラゴンクエストシリーズの世界と化した現実世界をプレイヤー自身が主人公となって歩き、冒険を進めるドラゴンクエストウォーク」
ドラゴンクエストシリーズの世界と化した現実世界をプレイヤー自身が主人公となって歩き、冒険を進めるドラゴンクエストウォーク」
その他の写真を見る(1/4枚)
アプリを起動すると最初に85.5MBのゲームデータをダウンロードする
アプリを起動すると最初に85.5MBのゲームデータをダウンロードする
その他の写真を見る(2/4枚)

 ドラゴンクエストウォークは、スクウェア・エニックスとコロプラが共同開発した位置情報を活用するRPG(ロールプレイングゲーム)。今年6月に開発発表と公募によるβテストを実施し、その後9月12日のサービス開始を予告していた。

iOS端末ではアップル純正の「ヘルスケア」アプリと連携する。
iOS端末ではアップル純正の「ヘルスケア」アプリと連携する。
その他の写真を見る(3/4枚)

 スマホのGPSと連携したゲーム画面にモンスターや実在する建物が出現。プレイヤー自身が目的地を設定してストーリーを進める。ドラクエシリーズと同じバトルシステムに加え、複数のプレイヤーが力を合わせて「メガモンスター」を倒す協力型イベント(レイドバトル)なども用意した。

目的地をプレイヤー自身が設定する。千代田区麹町のハイルの村を目指す
目的地をプレイヤー自身が設定する。千代田区麹町のハイルの村を目指す
その他の写真を見る(4/4枚)

 ドラクエウォークはネットでも話題となり、「#ドラクエウォーク」「#DQウォーク」などがTwitterのトレンドに入っている。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ