PR

ニュース 経済

2台・3台分の役割を果たすiPhone 11 Proのカメラ、触って分かったその「変態的」魅力

 2019年9月10日、カリフォルニア州クパチーノでAppleの発表会が行われた。プレスとして半年ぶりにApple本社内のSteve Jobs Theaterを訪れた私は、世界中から集結した報道陣やインフルエンサーたちの熱気に包まれた。

 今回発表されたのは、ハードウェアだけでなく、ハードウェアと併せてライフスタイルをアップデートする内容だと感じた。中でも映像関係のApple TV+とiPhone 11、iPhone 11 Pro のカメラ性能にフォーカスして伝えたい。

Apple TV+の価格とリリース日が明らかに 「The Morning Show」が要注目

 3月のApple Special Eventで発表があったAppleの動画サブスクリプションサービスApple TV+だが、今回はより詳細な価格やリリース日が発表された。

 11月1日から始まるApple TV+は、Appleのオリジナル映像コンテンツを配信するストリーミングサービスで、月額600円で家族6人まで観ることができる。ハリウッドの超一流俳優や監督などを起用し、莫大な予算をかけていると予想される新サービスだが、月額600円はNetflixなどの競合サービスと比べてもかなり良心的なお値段。

 サービスリリースと共に配信されるコンテンツの1つは、ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、スティーブ・カレル主演のドラマシリーズ「The Morning Show」。

The Morning Show
The Morning Show
その他の写真を見る(1/3枚)

 ジェニファー・アニストンがテレビシリーズに出演するのは、「フレンズ」以来だ。リース・ウィザースプーンは、近年自身のプロダクション会社を設立し、サイコスリラーの「Gone Girl」などの作品を手掛けている。直近ではHBOのテレビドラマシリーズ「Big Little Lies」に主演兼プロデューサーを務め、プライムタイム・エミー賞作品賞(ミニシリーズ部門)を受賞するなど、女優だけでなく、プロデューサーとしての手腕を発揮している。「The Morning Show」はすでにAppleから2シーズン制作のオーダーが出ており、期待値がかなり高いようだ。

iPhone 11 Proの変態的魅力

 今回発表されたiPhone 11は、「普通の人」の写真や動画撮影のレベルを格段に上げてくれる。

 日々の思い出を残したり、SNSに投稿するための写真や動画を撮る人にとって、iPhone 11はこれから心強い相棒になるだろう。これまでのiPhoneにあった広角カメラに加えて、iPhone 11からは超広角カメラが利用可能になった。私は今までもiPhoneに超広角レンズのアタッチメントをつけていたが、アタッチメントなしで13mm相当の超広角の画角を撮れると、表現の幅が拡がるので嬉しいアップデートだ。

iPhone 11 Proと11 Pro Maxの現物にいち早く触れた
iPhone 11 Proと11 Pro Maxの現物にいち早く触れた
その他の写真を見る(2/3枚)

 9割の人にとって、iPhone 11の新しいカメラやiOS 13の機能であるナイトモードがあれば、十分失敗知らずだが、私のようなガジェット・カメラオタクはどうしても欲しくなってしまう、変態的な魅力を持っているのがiPhone 11 Proだ。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ