PR

ニュース 経済

マクドナルド、全商品の7割で税込み価格据え置き 「ハンバーガー」「ハッピーセット」は10円値上げへ

マクドナルドのビッグマックの価格
マクドナルドのビッグマックの価格
その他の写真を見る(1/2枚)

 ハンバーガーチェーンを展開する日本マクドナルドは10日、10月からの消費税率引き上げと軽減税率制度の導入に伴う価格方針を発表した。店内飲食と持ち帰りの税込み価格を同一にして、税込み価格での表示を維持する。その上で、「バリューランチ」や「バリューセット」といった主力セット商品や「ビッグマック」など、全商品の7割で税込み価格を据え置く。一方、「ハンバーガー」やおもちゃ付きの「ハッピーセット」など残りの3割の商品では、税込み価格を10円引き上げる。

 マクドナルドは今回の方針に「お得感や納得感の高さが期待されているブランドだ。それを顧客に引き続き感じてもらうための判断だ」(広報担当者)と説明する。

 税込み価格が据え置きになるのは、昼食時間帯に人気のバーガーとサイドメニューとドリンクが付いた「¥500 バリューセット」(500円)や「バリューランチ」(550~600円)。「朝マックのコンビ」や「バリューセット」も税込み価格を据え置く。単品では「ビッグマック」(390円)、「グラン クラブハウス」(490円)、「プレミアムローストコーヒー」(Sサイズ100円、Mサイズ150円)などで、全体の7割が対象だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ