PR

ニュース 経済

ソフトバンク、半額補助を維持 端末販売プログラム発表

東京都中央区のソフトバンク銀座(桐原正道撮影)
東京都中央区のソフトバンク銀座(桐原正道撮影)

 ソフトバンクは9日、スマートフォンなど携帯電話端末を48カ月の分割払いで購入し、後に下取りに出して別の端末を購入することを条件に、最大半額近くの支払いを免除する端末販売プログラムを発表した。

 回線契約がない人でも購入できるようにすることで、10月から施行される端末割引が2万円に制限される新ルールの適用を受けない。

 新しい端末販売プログラムは13日から開始。ソフトバンクの利用者以外は26日から受け付ける。

 対象機種を48回払いで購入、25カ月目以降に端末を下取りに出したうえで、さらに、ソフトバンクが指定する新機種を購入すると残債を免除する仕組み。

 プログラム利用料は月額390円。端末にはソフトバンク回線しか使えない「SIMロック」がかかっており、100日間は解除できない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ