PR

ニュース 経済

東京ディズニーシーでハロウィンプログラム公開

東京ディズニーシーのハロウィンプログラム「フェスティバル・オブ・ミスティーク」のワンシーン=9日、千葉県浦安市(佐久間修志撮影)
東京ディズニーシーのハロウィンプログラム「フェスティバル・オブ・ミスティーク」のワンシーン=9日、千葉県浦安市(佐久間修志撮影)

 東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)と東京ディズニーシー(TDS、同)で10日から開催される期間限定イベント「ディズニー・ハロウィーン」を前に、TDSの特別プログラム「フェスティバル・オブ・ミスティーク」が9日、報道向けに公開され、ディズニーの人気キャラクターが華やかなショーを繰り広げた。プログラムは10月31日まで52日間にわたって開かれる。

 プログラムは、海の魔女のたくらみで港町のハロウィーン祝祭が支配されようとしたとき、ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが魔女に立ち向かい、邪悪な力から本来の活気あふれた祝祭を取り戻すストーリー。

 今回のプログラムの見どころは船に乗っているミッキーがおりに閉じ込められてから。ディズニーの仲間たちが魔女の魔力にとりつかれて怪しいダンスを踊る中、何かがおかしいと感じたミニーマウスがハッピーなメロディーのダンスで対抗。徐々にハッピーなダンスの輪が広がっていき、ついにミッキーがおりから解放される。

 10日からのプログラムではこの後、ミッキーが改めて祝祭の始まりを宣言。海上に花火が打ち上げられる予定という。プログラムを見た横浜市に住む大学生の女性(22)は「パレード風のショーとはまた違った趣向で楽しめた」と興奮気味に話した。

 TDSでは、ゴーストたちにより変身したディズニーランドにディズニーの仲間たちを招待する「スプーキー“Boo!”パレード」を2年連続で開催。ミッキーがゴースト風の衣装でパレードを盛り上げる。またTDLとTDSで期間限定のハロウィーン関連商品が販売されるほか、それぞれのレストランで期間限定メニューが提供される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ