PR

ニュース 経済

93万軒停電、千葉南部・神奈川南部などは9日中復旧困難

台風15号による停電などの状況を説明する東京電力パワーグリッドの塩川和幸技監=9日、東京都千代田区(平尾孝撮影)
台風15号による停電などの状況を説明する東京電力パワーグリッドの塩川和幸技監=9日、東京都千代田区(平尾孝撮影)

 東京電力ホールディングスは9日、台風15号の影響で、同社管内での停電は、最大93万4900軒になったと発表した。午後2時30分時点で、栃木県、埼玉県ではすでに復旧し、東京都は9日中には復旧する見通しだとしたが、千葉県南部、神奈川県南部、茨城県沿岸部、静岡県東伊豆エリアなどは9日中の復旧は困難だとしている。

 同日、東京都内で会見した送配電事業子会社の東京電力パワーグリッドの塩川和幸技監は、「多くの利用者にご迷惑をかけており、大変申し訳ありません」と謝罪した。

 午後2時30分時点で、79万9200軒が停電しているが、千葉県内が61万2900軒で、大半を占める。君津市内で送電専用の鉄塔2基が倒壊しており、これによって10万軒が停電を余儀なくされている。

 同社は、復旧に総勢2300人をあてる。さらに、中部電力が550人、東北電力が226人など復旧に向け電力大手各社が応援要員を派遣するほか、電源車や高所作業車なども貸与し、支援する。

 東電管内の大規模停電では、東日本大震災時に約405万軒が停電したほか、平成18年8月に、クレーン船が旧江戸川にかかった高圧送電線に接触し、約140万軒が停電した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ