PR

ニュース 経済

メキシコの四輪拠点集約 ホンダ、生産効率化狙い

 ホンダは7日、メキシコに2カ所ある四輪車の生産拠点を2020年前半に1カ所に集約すると発表した。世界的に進めている生産体制の見直しの一環。主力の四輪車事業の収益力回復が経営課題となっており、効率化を進めて利益の出やすい構造への転換を図る。

 ハリスコ州のグアダラハラ工場の四輪車部門を、グアナフアト州のセラヤ工場に集約する。グアダラハラ工場はバイクなどの生産に集中する。同工場の正規従業員は約2300人。今回の集約に伴い、早期退職を実施するが、解雇は行わない。

 グアダラハラ工場では、スポーツタイプ多目的車(SUV)の「HR-V」を生産し、米国やカナダ、欧州向けに輸出している。ホンダは「集約で生産効率を高め、競争力のある商品を生み出したい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ