PR

ニュース 経済

7月分の景気動向指数、基調判断「下げ止まり」維持

 内閣府が6日発表した7月分の景気動向指数(速報値、平成27年=100)によると、景気の現状を示す一致指数は前月比0・3ポイント上昇の99・8で、2カ月ぶりに上昇した。事前に定められた基準に機械的に当てはめて決める基調判断は、景気後退の動きが下げ止まっている可能性が高いことを示す「下げ止まり」に据え置かれたが、消費税増税直後の来月7日に発表される8月分では景気後退の可能性が高いことを示す「悪化」に再び引き下げられる可能性も指摘されている。

 一致指数を構成する9つの指標のうち速報値で入手できるのは7つで、今回は5つが上昇に寄与。自動車関連の堅調な動きなどを追い風に、鉱工業生産指数や耐久消費財出荷指数などが一致指数を押し上げた。

 基調判断は3月分で6年2カ月ぶりに悪化となり、4月分も悪化で据え置かれた。5月分では生産や出荷の持ち直しで下げ止まりへ上方修正され、6月分も下げ止まりとなっていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ