PR

ニュース 経済

西川氏の報酬不正 日産取締役会、辞任は求めない方向

日産自動車の西川広人社長=横浜市西区
日産自動車の西川広人社長=横浜市西区

 日産自動車の西川(さいかわ)広人社長が株価に連動する役員報酬を数千万円上乗せして受け取った社内規定違反について、同社は9日に取締役会で西川氏に辞任を求めるなどの強硬姿勢には出ない方向だ。経営を監視する社外取締役の一人は、「法律違反ではない」と悪質性を否定し、上乗せ分の返納と処分で済ませる考えを示唆しており、すぐに進退の問題に発展する可能性は低い。

 日産は前会長、カルロス・ゴーン被告の事件を防げなかった反省から、6月下旬の定時株主総会で「指名委員会等設置会社」に移行し、社外取締役を中心とした指名・報酬・監査の3委員会を設置した。今回の問題は6月に発売された月刊誌で西川氏の疑惑が報道されたこともあり、監査委員会が社内調査を行っていた。西川氏以外にも同じように上乗せ報酬を得ていた役員がいるという。

 日産は定時株主総会前にも日産は暫定的な指名委員会を設置し、西川氏の続投について議論していた。この際、ゴーン被告の不正を止められなかった西川氏への責任論も出たが、「経営の継続性を保つ」(幹部)ことを優先して続投を決めていた。

 指名委はすでに、西川氏の後継者選びに着手しているが、「簡単に決まるものではない」(社外取締役)。このことも、社内から経営体制を揺るがせることをためらう理由の一つになっているようだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ