PR

ニュース 経済

出石鉄道の復刻切符発売へ 実物大SL再現を記念

出石鉄道の当時の写真をもとに復刻したという記念切符
出石鉄道の当時の写真をもとに復刻したという記念切符

 兵庫県豊岡市商工会青年部出石支部が「出石鉄道」の蒸気機関車(SL)の実物大模型を製作、展示しているのに合わせ、全但バス(本社・養父市)は、出石鉄道の当時の切符を復刻した記念切符を発売する。

 同鉄道は昭和4~19年、旧出石町(現豊岡市出石町)と山陰線江原駅(同市日高町)の間(11・2キロ)を走った軽便鉄道。同支部では今年が創立50周年、出石鉄道が創立100年を迎えることを記念し、段ボールで実物大模型(全長7・8メートル、幅2・4メートル、高さ3・4メートル)を製作した。

 記念切符は「出石鐵道 出石より江原ゆき」「3等 30銭小」などと記載。実物大模型が9月1日にお披露目されたのに合わせ、「19・9・1」の日付が入っている。担当者は「現物がなく、写真を参考に当時のまま復刻した」という。

 1日に豊岡市役所出石庁舎前広場で行われたお披露目式では、来場者に約300枚をプレゼント。ただ、鉄道ファンらに人気だったことから、さらに限定600枚を今月中旬から地元の全但バス出石営業所で販売することにした。1枚200円(税込み)。

 問い合わせは全但バス(079・662・2133)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ