PR

ニュース 経済

リニア工事で静岡、愛知知事会談も平行線 国の関与希望は一致

会談の冒頭、記者団に促されて握手を交わす愛知県の大村秀章知事(右)と川勝平太知事=名古屋市中区の愛知県公館(田中万紀撮影)
会談の冒頭、記者団に促されて握手を交わす愛知県の大村秀章知事(右)と川勝平太知事=名古屋市中区の愛知県公館(田中万紀撮影)

 令和9(2027)年の開業を目指すリニア中央新幹線(品川-名古屋間)の工事をめぐり、静岡県の川勝平太知事が5日、名古屋市の愛知県公館に大村秀章知事を訪ね、大井川の流量減少対策としてトンネル湧水を大井川に全量戻すようJR東海側に求めている県の立場を説明した。これを受けた大村知事は、静岡工区の着工遅れが開業予定に影響しないよう強く申し入れるなど、互いに従来の主張を繰り返して議論は平行線をたどった。

 会談は非公開で行われ、終了後に川勝知事は「私一人がJRとけんかしているかのような誤解は解けたと思う」と一定の成果があったと強調した。一方で大村知事は「(川勝知事と)意見がはっきりかみあうことはなかった」と振り返り、「まずは2027年度の開業目標に向けてJRとよく協議してほしい。JRと静岡県とが科学的根拠に基づいて意見を突き合わせ、(事業を)前に進めてほしい」と改めて要望した。

 ただ、大村知事が大井川の流量減少対策と南アルプスの環境保全を事業者のみが担うのは難しいとして国の関与を希望したことについては、川勝知事も賛同した。

 大井川の流量減少対策をめぐってJRと県の協議がまとまっていないため、静岡工区は着工できておらず、全体の開業計画への影響が指摘されている。大村知事は再三「開業遅れは到底認められない」と訴え、川勝知事に対し「JRとよく話し合ってほしい」と要望してきた。

 このような沿線自治体の静岡工区の未着工への懸念に配慮して、県は7月中に沿線9都府県に難波喬司副知事らを派遣してJR東海との協議状況を説明し、県の立場に理解を求める活動を続けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ