PR

ニュース 経済

ソフトバンク、携帯料金「2年縛り」廃止へ

 ソフトバンクが携帯電話料金の契約で、2年間の契約を条件に毎月の通信料金を割り引く「2年縛り」を月内に廃止する方針を固めたことが5日、分かった。10月から2年契約の途中で解約する際の違約金の上限が1000円となる新ルールが導入されるため、現行のプランでは顧客の囲い込みができなくなると判断した。他社にも同様の動きが広がる可能性がある。

 「ソフトバンク」ブランドで9月中旬、格安ブランドの「ワイモバイル」で9月下旬以降の新規契約から2年縛りを廃止し、途中解約時の違約金もなくす。携帯大手3社では初となる。

 すべての料金プランで期間を定めず、月額料金を払えば、利用者はいつでも違約金ゼロで契約を解除できるようになる。2年縛りの廃止に伴う通信料金の値上げもしない見込みだ。

 ソフトバンクでは現在、ほとんどの利用者が2年縛り契約で加入する。契約から2年後の契約更新月と前後1カ月のうちに解約しないと9500円の違約金がかかる仕組みだ。期間拘束がない契約もあるが、通信料金が月2500~2700円割高で、契約者はほぼいなかった。

 だが、10月からの新ルール導入で違約金の上限だけでなく、期間拘束のないプランとの差額も月170円と大幅に引き下げられる。この水準では顧客の囲い込みができず、収益にも貢献しない。このため、むしろ期間拘束をせず違約金も取らないシンプルな料金体系に一本化することで、顧客を呼び込みたい考えだ。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ