PR

ニュース 経済

東レ、ペットボトル再利用繊維で新ブランド

 東レは5日、回収ペットボトルを繊維原料として再利用する新ブランド「&+(アンドプラス)」を立ち上げたと発表した。環境問題に高い関心を持つ消費者の共感を獲得し、リサイクル活動を通じた循環型社会実現に貢献したい考え。平成30年度のペットボトルリサイクル事業の販売規模は約15億円だったが、令和2年度は「&+」立ち上げで300億円程度を目指す。

 同社は昨年7月から、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」をはじめとする地球環境問題に関し、独自のビジョンを策定。ビジョンに基づき今回立ち上げた「&+」では、原料の劣化などによる黄ばみで糸の白さが損なわれるといった従来の課題を克服し、高度な洗浄技術を有するプラスチックリサイクルの協栄産業と共同開発で、リサイクル繊維の品質向上と安定供給を実現した。

 「&+」の商品の販売は来年1月からを想定。繊維だけでなく、高機能スポーツウエアなど多様なラインアップで展開する。環境や社会問題に関心が高く、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で発信力が高い若者世代を巻き込みながら、ブランドの認知度向上を狙う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ