PR

ニュース 経済

ドラクエの位置情報スマホゲーム、12日から本サービス

 スクウェア・エニックスは5日、位置情報を使ったスマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストウォーク」の本サービスを12日から始めると発表し、事前予約の受け付けを開始した。ゲームは現実の地図と連動しており、実際にある店舗や観光名所を目的地に設定し、途中で出現する敵と戦いながら、国民的ロールプレーイングゲーム(RPG)の世界観を味わえる。

 ゲームは基本無料で、日本全国でプレーできる。金閣寺(京都市)や守礼門(那覇市)といった実際の観光名所が各都道府県に1カ所以上ランドマークとして設定されており、その土地ならではの冒険が用意されているという。

 位置情報を使ったゲームは健康志向の高まりで、幅広い年齢層に支持されており、人気ゲームの「ドラクエ」が参入することで、市場の拡大が期待できる。地方限定の冒険を目当てにゲーム利用者が各地を訪れるなど、観光振興にも一役買いそうだ。

 スクエニは今年6月、関東限定で一部のサービスを制限した体験版を先行実施し、約2万人の募集に応募が殺到した。ただ、本サービス開始にあたり、体験版のデータを引き継ぐことはできないとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ