PR

ニュース 経済

韓国8月の日本車販売57%減 不買運動が影響

日本製品の不買運動を訴えるイベントで壊された日本車=7月、韓国・仁川(聯合=共同)
日本製品の不買運動を訴えるイベントで壊された日本車=7月、韓国・仁川(聯合=共同)

 日本政府による輸出規制強化への反発から韓国で拡大している日本製品の不買運動の影響で、8月の韓国での日本車の新車販売台数が前年同月比で57%減少したことが4日、分かった。外国車に占める日本車の割合は8%で、昨年8月の17%から急落した。

 韓国輸入自動車協会によると、8月に新規登録された日本車は1398台。昨年8月は3247台だった。ブランド別では、トヨタ自動車は59%減の542台、日産自動車は87%減の58台、日産の高級車ブランド「インフィニティ」は68%減の57台、ホンダは81%減の138台だった。

 業界関係者は韓国メディアに「韓日関係が改善したとしても(日本車不人気の)残像は長く続く可能性がある。日本車の新規顧客の開拓は難しくなりそうだ」と語った。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ