PR

ニュース 経済

【復活への針路~関空被災1年】(上)浸水から1年 無策は解消されたか

高潮により滑走路や施設が浸水した関西国際空港=平成30年9月4日、大阪府泉佐野市
高潮により滑走路や施設が浸水した関西国際空港=平成30年9月4日、大阪府泉佐野市
その他の写真を見る(1/3枚)

 「家族旅行は返上だな」。8月9日、関西国際空港を運営する関西エアポートの山谷佳之社長は、天気図をにらみ、つぶやいた。大型で非常に強い台風10号が、小笠原諸島近海で停滞。このときは東か西に大きくそれる可能性があり、関空にどこまで接近するかはまだ不透明だった。それでも早々と休日出勤を決めたのは、痛恨の記憶があったからだ。

 昨年9月4日の台風21号。関空は1期島の滑走路やターミナルが浸水し、停電が発生した。それだけでなく、風にあおられたタンカーが連絡橋に衝突し、約8千人が孤立。関西エアは滑走路の再開と利用客の脱出という2つの難題を、同時並行で解決する必要に迫られた。

 だが当日、司令塔の山谷社長は不在だった。東京に出張していたのだ。関空に戻ってきたのは翌朝。台風が近畿を直撃するという予報を軽視していたとして批判を浴び、「関西エアは素人集団」といった揶揄(やゆ)まで聞かれるようになった。

□   □

 海上空港の関空は、平成6年の開業当初から「水が入ると大変なことになる」とささやかれていた。

 開業前を含む29年間、関空にかかわってきた関西エアの石川浩司執行役員(運用担当)は「もし海水が護岸を越えて地下に流れ込めば、電源がやられることは分かっていた」と明かす。

 にもかかわらず、なぜ電気設備を上階に移さなかったのか。

 「護岸の高さは十分」。関西エアが28年4月の運営権譲渡に伴って新関西国際空港会社から引き継いだ事業継続計画(BCP)は、台風での浸水を想定していなかった。そもそも地震と津波による被害想定で、台風の想定は抜け落ちていた。津波で仙台空港が浸水した東日本大震災後も、その教訓を生かさず「重い電気設備は地下に設置する」という一般的な建築設計の思想から脱却できなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ