PR

ニュース 経済

ファナック、日立、ドコモ 5Gで製造現場の高度化へ共同検討

 産業用ロボット大手のファナック、日立製作所、NTTドコモは2日、次世代移動通信方式である第5世代移動通信方式「5G」を活用して、工場内の完全無線通信化など製造現場の高度化に向けた検討を共同で始めると発表した。

 3社はまず、ファナック本社工場(山梨県忍野村)、日立大みか事業所(茨城県日立市)の製造現場で5Gの電波伝搬測定および伝送実験を実施。生産制御システムに必要な高信頼ネットワークにおける5G活用の可能性を探る。

 また、ファナックでは産業用ロボや工作機械と5Gとの接続、日立の大みか事業所内で5Gによる遠隔保守による作業がそれぞれ円滑に進むかを調べる。

 5Gは現在の移動体通信方式よりも、伝送速度が速いのが特徴。複数の工作機械を通信回線で結んで、稼働状況などを遠隔で監視し、最適な加工環境を作り出す「スマートファクトリー」の実現には5Gの技術が不可欠とされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ