PR

ニュース 経済

日中韓観光相会合 石井啓一国土交通相 一問一答

30日、韓国・仁川で開かれた日中韓観光相会合に出席し、握手する石井国交相(左)と韓国の朴良雨文化体育観光相(共同)
30日、韓国・仁川で開かれた日中韓観光相会合に出席し、握手する石井国交相(左)と韓国の朴良雨文化体育観光相(共同)

 【仁川=岡田美月】日韓関係の悪化に伴う観光分野への影響が深刻化する中、石井啓一国土交通相は30日、韓国・仁川で開かれた日中韓観光相会合に合わせ、韓国の朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光相と会談した。3カ国観光相会合と中韓との個別会談などを終えた後、報道各社の取材に応じた。石井氏の発言と一問一答は次の通り。

 「日中韓観光相会合では、2020年までに相互交流を3000万人規模とする日中韓3カ国の目標について、昨年達成したという認識で一致した。その上で、日中韓3カ国の国民の相互信頼を深める活発な観光交流を推進することに合意をするとともに、そのために取り組むべき3国間の協力について、熱心な議論を交わし、3国の共同宣言文に署名を行った。

 観光交流を通じて、相互に信頼関係を築くことは将来の安定した東アジア地域の成長を支える基盤となる。引き続き3国間の観光交流のさらなる推進に向けて取り組んでまいりたいと考えている。

 また、来年の大臣会合は日本での開催となったので、日本のおもてなしの精神で皆さまをお迎えしたいと伝えた。

 韓国の朴良雨文化体育観光相と初めて会談した。また、中国の●(=各の右にふるとり)樹剛(らく・じゅごう)文化観光相と会談した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ