PR

ニュース 経済

鉄道ファン萌え燃え…近鉄の新型車両「ひのとり」 座席ゆったり、燃える赤色

近畿日本鉄道が令和2年3月から大阪難波-近鉄名古屋間で運行する新型車両「ひのとり」のイメージ(同社提供)
近畿日本鉄道が令和2年3月から大阪難波-近鉄名古屋間で運行する新型車両「ひのとり」のイメージ(同社提供)

 近畿日本鉄道は30日、大阪難波-近鉄名古屋間で来年3月14日から運行する新型特急の名称を「ひのとり」に決めたと発表した。赤を基調としたデザイン。近鉄によると、前後の座席間隔は最大130センチと国内の鉄道車両で最大級で、リクライニングの際には座席が後ろの乗客に倒れかからない「バックシェル」と呼ばれる方式を国内で初めて全席に導入。プレミアム感を演出した。

 6または8両編成。両端の2両はグレードの高いプレミアム車両とし、座席間隔は130センチ。一般車両でも116センチと「グリーン車なみ」という。また、バックシェルを全席で導入。座席の後部全体を貝殻のような枠で包み込み、後ろの乗客に気兼ねなくリクライニングできるようにした。

 また、無料公衆無線LAN「Wi-Fi」が使えるほか、大型荷物のロッカーも設置する。

 近鉄の新型特急の運行は、伊勢志摩方面に投入されている「しまかぜ」以来、7年ぶり。赤色の外観と、スピードを感じさせる流線形の車両前部のデザインに着想を得て命名したという。

 同日、大阪市内で記者会見した都司尚社長は「一般席でもグリーン車並みの座席にくつろぎ、優雅な時間を過ごしてもらえる」とアピール。大阪-名古屋間で競合する東海道新幹線に対し「快適性や価格面で対抗できる」と強調した。

 特別車両料金を新たに設定し、大阪難波-近鉄名古屋間はプレミアム車両が計5240円、一般車両が計4540円。大阪、名古屋から毎日6本ずつで運行を始め、順次本数を増加。令和2年度中に、同区間を走る特急車両「アーバンライナー」の全列車と入れ替える。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ