PR

ニュース 経済

食とIT融合、東京・京橋に拠点開設 東京建物

 東京建物は28日、食とIT(情報技術)を融合させ、食にまつわる課題解決や新たなビジネスの誕生を支援する拠点「TOKYO FOOD LAB」(トーキョー・フード・ラボ)を東京・京橋に開設すると発表した。開業は9月3日。ベンチャー企業などと連携し、食文化の発展に寄与したい考えだ。

 2階建てビルの1階には、人工光を活用した植物工場を運営する新興企業「プランテックス」(千葉県柏市、山田耕資社長)が開発した植物栽培の新たな設備が置かれた。温度や湿度、二酸化炭素(CO2)濃度に加え、光合成やCO2の吸収速度を制御するシステムを導入。光や空気、養液を20以上のパラメータに分けて個別に制御する技術を活用し、一般的な設備よりも収穫重量を5倍に拡大させた。現在実施しているレタス栽培のほか、今後は薬草やハーブ類の栽培にも挑戦する。

 2階には、4、5人が同時に作業できる広さを確保した調理場を備えた拠点を整備。店舗開発などを手がける新興企業「ケイオス」(大阪市、沢田充社長)が運営する。国内外のシェフが講師を務める勉強会を京橋周辺の飲食店を対象に開催するなど、食をテーマに新しい発想やビジネスを生み出す場所とする構想だ。

 東京建物は「テクノロジーとシェフの取り組みを融合させた活動は世界的にも珍しい。食の都市として日本の価値をもっと高めたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ