PR

ニュース 経済

輸出優遇対象、あす韓国除外 経産相「粛々と運用」

閣議に臨む世耕経産相(右)。鈴木五輪相(左)、根本厚労相(中央)とともに=27日、首相官邸
閣議に臨む世耕経産相(右)。鈴木五輪相(左)、根本厚労相(中央)とともに=27日、首相官邸

 世耕弘成経済産業相は27日の閣議後の記者会見で、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外する政令が28日に施行されることに関し、「粛々と運用していく」と述べ、方針に変更はないとの考えを改めて示した。

 韓国政府が日本が輸出管理の厳格化を撤回すれば、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を再検討する意向を示していることについては、「輸出管理の見直しは、防衛当局間の軍事情報に関する政府間協定の取り扱いとは次元の異なる問題だ」と指摘。その上で「両者を関連づける韓国側の主張はまったく理解ができず、当然受け入れられない」と強調した。

 日本政府は2日、韓国を優遇対象国から外す政令改正を閣議決定した。日本は貿易相手国を輸出規制レベルに応じてグループAからDの4段階に分類しているが、韓国は28日に優遇対象国に当たるグループAからグループBとなる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ