PR

ニュース 経済

シャチハタが「痴漢防止ハンコ」をテスト販売 特殊ライトで印影浮かぶ

シヤチハタがテスト販売する「迷惑行為防止スタンプ」の印影。特殊インクを使用しブラックライトを当てると浮かび上がる
シヤチハタがテスト販売する「迷惑行為防止スタンプ」の印影。特殊インクを使用しブラックライトを当てると浮かび上がる
その他の写真を見る(1/2枚)

 文具メーカーのシヤチハタ(名古屋市)は26日、「迷惑行為防止スタンプ」をテスト販売すると発表した。痴漢やつきまといなど迷惑行為の抑止力として役立つと想定。使用したインクは、見かけは無色透明だが、付属の特殊ライトを当てると手を広げたマークの印影が浮かび上がる仕組みだ。迷惑行為をした人物の手や持ち物に押せば、特定につながる可能性がある。

 痴漢の撃退方法を巡る議論がインターネット上で盛り上がったのを受け、同社は5月にツイッターで「早期に対応できるようにします。ジョークではなく本気です」と宣言、開発を進めてきた。

 ストラップなどもセットにし価格は2700円で、販売予定数は500個。27日午後1時から、シヤチハタの公式オンラインショップで販売する。広報担当者は「社会全体で迷惑行為を見逃さず、対応するための一助になれば」と話す。改良品の発売時期は「未定」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ