PR

ニュース 経済

G7開幕へ イラン、貿易、環境…関係国が神経戦

砂浜に描かれたG7サミット出席予定の7カ国の指導者たち。安倍首相は上段右=23日、フランス(AP)
砂浜に描かれたG7サミット出席予定の7カ国の指導者たち。安倍首相は上段右=23日、フランス(AP)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ビアリッツ=塩原永久】日米欧の先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)が24日夜(日本時間25日未明)、フランス南西部ビアリッツで開幕する。貿易摩擦が世界経済を下押しする懸念が強まる中、米国は対中制裁関税の強化を決定。イラン危機をめぐっては米国と欧州各国が隔たりを残したまま神経戦を展開しており、結束が揺らぎ、機能不全が指摘されるG7サミットが存在意義を示せるかが焦点だ。

 フランスのマクロン大統領は23日、イランのザリフ外相と会談。ロイター通信によると、ザリフ氏はイラン系通信社に対し、仏とイラン双方がイラン核合意に関する「提案」を出したと明らかにした。会談は「生産的だった」と振り返ったザリフ氏は、米政府が消極的な核合意の再交渉に含みをもたせた。

 米国は核合意違反を理由に対イラン制裁を強化し、米欧の溝が深まった。会期中にトランプ氏と会談するマクロン氏は、事前にイラン側とすり合わせをして、イランへの強硬姿勢を強める米政権を牽制した形だ。

 昨年のG7サミットでは貿易をめぐる米国と他国の深刻な対立が表面化した。米中摩擦の長期化で世界経済の成長鈍化が現実味を帯び、関係国には首脳間の対話を通じた摩擦緩和への期待もあった。だが、米国は23日、対中制裁の強化を決定。仏政府はすでに共同声明の取りまとめを断念したが、会合で成果を見いだすのは厳しい情勢だ。

 一方、マクロン氏は、ブラジルのアマゾン熱帯雨林で発生した森林火災も討議する意向だ。過去最大規模となった森林火災に国際的な注目が集まり、マクロン氏は23日、生物多様性の維持に向けた成果文書をとりまとめ、米国を含むG7首脳が署名することへの期待感を表明。多くの対立点を抱えたまま26日まで開かれるG7サミットで、環境保護策をめぐる協調を打ち出したい構えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ