PR

ニュース 経済

家事代行サービスのベアーズが、“暮らしインフラ「MAUCHI(マウチ)」”を本格展開

株式会社ベアーズ
~「暮らしテックアプリ×常駐スタッフ×提携サービス」で暮らしを便利で快適に ~

 1999年10月に創業し、今年20年目を迎えます、株式会社ベアーズ(本社:中央区日本橋浜町、代表取締役 社長:高橋健志 以下、ベアーズ)は、これまで一部エリアで先行展開してきた新サービス・暮らしインフラ「MAUCHI(マウチ)」を正式リリースし、今後は家事代行サービスにとどまらず、暮らしを支えるライフサポートサービスを展開いたします。https://mauchi-apps.jp/

暮らしインフラ「MAUCHI」とは
大型マンションに専門スタッフであるMAUCHIスタッフが常駐し、常駐サービスの「人」・MAUCHIアプリの「IT」・提携サービスの「ネットワーク」が融合することにより、居住者の生活をサポートするサービスです。経験豊富なMAUCHIスタッフによる家事代行サービスが10分500円からと短時間・低価格で利用でき、お風呂の排水溝掃除、うわばき洗い、洗濯物畳みなど、ちょっとした家事サポートが気軽に受けられます。そのほか提携する家電レンタル・買物代行・洗濯代行・マンション専用備品の発注など様々なライフサポートサービスがアプリを介してシームレスに利用可能です。

「MAUCHI」誕生の社会的背景
「女性の社会進出」を背景に家庭の家事負担を減らす家事代行・家事支援サービスの市場規模は急速に拡大し、経済産業省によると、家事代行市場は今後約6,000億円まで成長するともいわれています。一方で日本人の平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳(厚生労働省平成28年簡易生命表)と伸び続けており、2007年生まれの子供の半数は107歳まで生きるとする研究もある通り、人生100年時代が到来しています。(厚生労働省「人生100年時代構想会議中間報告」)

 多様化・高齢化する「100人100様100年時代」において、それぞれが人生をいかに心身ともに豊かに生きるかが求められており、物を所有する「物的豊かさ」から「精神的豊かさ」「well-being」「可処分時間」を重視する方が増加しています。

「MAUCHI」誕生の事業的背景
ベアーズでは家事代行サービスを“日本の暮らしの新しいインフラ”とし、誰もが快適に暮らすことをサポートするという理念を掲げ、1999年より家事代行サービス産業の確立に邁進してまいりました。
家事代行サービスでお客様の様々なご要望をお伺いする中で、キッズシッターや高齢者支援などの関連サービスを拡充してまいりましたが、家事代行の領域にとどまらない、暮らしに関連するサービスをまとめた「暮らしインフラサービス」に新たな可能性を感じ、8年前から事業化してテストを繰り返してまいりました。この度新しくリリースする「MAUCHIアプリ」を通し、暮らしインフラ「MAUCHI」を本格展開することで、ベアーズは「より良く生きる」(More well-being)をこれまで以上に推進してまいります。

「MAUCHI」の特徴
MAUCHIは、ITとアナログ、世界最先端のICT・IoTと世界最高峰のおもてなしが融合し、以下3つの特徴をもったサービスです。

1.アプリの機械学習による最適なメニュー提案
MAUCHIアプリは独自のニーズ調査の仕組みを持ち、お客様のニーズやライフスタイルに合わせて、お客様ごとに異なるメニュー構成に進化していきます。
マンションコード、住宅コード、お子様やペットの有無といったファミリータイプ等の属性情報のほか、「近隣の小学校の持ち物で必須の物ができた」などの情報も取り込み、必要なタイミングで必要な方にだけメニューを表示し、マンション限定のセールの情報などもプッシュ通知いたします。利用実績やチャットでの会話内容を蓄積し、機械学習でお客様の好みを把握し、オススメの商品が変わるのはもちろん、お客様ごとに異なるニーズに1to1にお応えし、最適なメニューをご提案いたします。

2.人・アナログによるきめ細やかな対応
MAUCHI最大の強みは、MAUCHIスタッフがマンションに「常駐」してお客様と対面でコミュニケーションをとり「家の中」に入って直接サービスをご提供できることにあります。20年間の家事代行事業で培われたノウハウ・スキルを身に付け、ホスピタリティ溢れるMAUCHIスタッフは、メニューには無いご要望に対してでも、サービス領域の枠を設けず可能な限り対応いたします。

 対面のコミュニケーションから生まれる信頼関係の構築により、アプリのログインサポートや口頭でのサービス受付、ニーズやお困りごとのお伺い、アフターフォロー、サービス不具合への緊急対応など、機械にはできない、人ならではのきめ細やかな対応を実現いたします。

3.“あったらいいな”を実現する連携サービス
お客様のご要望に沿ったサービスを、アプリを通してシームレスに提供いたします。ご希望の商品・サービスを選択するだけで、各サービスごとの個人情報や決済情報の入力、パスワード管理は必要ありません。ご要望に応じて、商品の受け取りや開梱、設置まで、ワンストップで対応いたします。

 家事代行・ハウスクリーニング・洗濯代行・飲食サービス・パーティー代行・カーシェア・ファッション・訪問ケア・整体師派遣・英会話・トレーナー派遣・スマートロック・荷物預かり・絵画のレンタル・家具のレンタル・家電のレンタル・アウトドア用品のレンタル・オモチャのレンタルなど、連携サービスは今後も拡大を予定しております。

 「IT」の利便性に「人」の温もりと信頼関係をプラスすることで、お客様の暮らしに寄り添いお困りごとに応えるサービスをワンストップで提供し、忙しく過ごすお客様が自分らしく生きるための自由な時間を創出いたします。

MAUCHIイメージ動画:https://youtu.be/0VUKXbzWdNc

「MAUCHI」の展望
物件の価値向上を求める、デベロッパー・管理組合様より、暮らしインフラMAUCHI導入要望を既に多数いただいております。2020年中に東京全域、さらには関東の政令指定都市へ展開を予定しております。
将来的には特定のマンションだけではなく、マンションをハブとしてその近隣エリアの戸建住宅へのサービス展開も予定しており、「あのマンションがあるから、便利な暮らしができる」といった、マンションの地域貢献や地域におけるマンション価値向上にも寄与する考えです。また、現在ベアーズをご利用いただいているお客様にも優先的にMAUCHのIサービスをご利用いただけるよう準備を進めております。

 ベアーズは、家事代行に留まらず、お客様の暮らしに寄り添うパートナーとして、今まで以上に「安心」「安全」「快適」「便利」なサービスをお客様にお届けし、日本の暮らしを変革いたします。

《MAUCHI概要》

 MAUCHI公式サイト:https://mauchi-apps.jp/
アプリ名:MAUCHI(マウチ)
アプリダウンロードURL
【iOS】https://apps.apple.com/jp/app/mauchi/id1459493907
【Android】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mauchi_apps.app&hl=ja

《会社概要》

 会社名:株式会社ベアーズ
代表者:代表取締役社長 高橋 健志
所在地:〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-1-1
設立 1999年10月
https://www.happy-bears.com/
事業内容:家事代行サービス、ハウスクリーニング、キッズ&ベビーシッターサービス、高齢者支援サービスほか
提供エリア:首都圏1都4県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)、関西地方2府3県(大阪府・京都府・兵庫 県・奈良県 ・滋賀県)東海4県(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)、中四国5県(岡山県・広島県・山口県・愛媛県・ 高知県)、北海道 ・東北(北海道・宮城県)、九州2県(福岡県・佐賀県)※一部地域を除く

 【お客様からのお問い合わせ先】
TEL:0120-552-445 受付時間 9:00~20:00 (365日年中無休)
お問い合わせフォーム:https://www.happy-bears.com/contact

 【MAUCHIの導入・MAUCHIとのサービス提携のお問い合わせ先】
お問い合わせフォーム:https://mauchi-apps.jp/contact

 【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社ベアーズ広報部 藤井・高山・服部 まで
TEL:03-5640-0211 Fax : 03-5640-0212 e-mail: pr@happy-bears.com

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ