PR

ニュース 経済

【CMウォッチャー】「猫の表情にほっこり、『隠れたCM女王』にも注目」

飼い主役の福田メイコさんは数多くのCMに出演経験がある「隠れCM女王」だ
飼い主役の福田メイコさんは数多くのCMに出演経験がある「隠れCM女王」だ
その他の写真を見る(1/2枚)

 猫用トイレ「ユニ・チャームペット デオトイレ」のCMが人気だ。日本のCMにありがちな奇抜さは皆無だが、登場する猫の愛らしい姿は猫好きなら誰もが画面を食い入るように見てしまうほどで、見ていて“ほっこり”する内容だ。主役の猫を支える「隠れCM女王」にも注目が集まる。

 新CM「私たちのお部屋篇」は、アメリカンショートヘアの猫が帰宅した飼い主の女性を玄関先で出迎える場面から始まる。「デオトイレに替えたら私たちの部屋、臭わなくなったね」と笑顔で猫に語り掛ける女性。さらに目を細めつつ、気持ちよさそうに用を足す猫の姿が映し出される。

 CMの猫用トイレはシステムトイレと呼ばれる2層式。砂が敷き詰められた上段に猫が座っておしっこをすると下へ通り抜け、下段のトレーに敷いたシートで受ける仕組みだ。砂に消臭効果がある上にシートの吸水力が高く、1週間の使用に十分耐えるという。ユニ・チャームは近年人気のこのタイプで先行し、5年連続で猫用トイレの販売首位を達成。同社のマーケティング担当者は「(CMで)愛猫との生活がより快適に変わるとのメッセージを伝えたかった」と話す。

 同社のこだわりはCM中の随所に見受けられるが、飼い主役の人選もその一つだ。今回、飼い主役を務めたのはモデルの福田メイコさん(29)。知名度は高くないが、これまで日用品や自動車など、数々の広告で起用されてきた。

 今回のCMは、20~30代女性の顧客開拓を主な狙いとして制作された。福田さんの起用には、世代が重なる視聴者の共感を得る狙いがあるという。

 ちなみに起用の条件としたのが、猫と自然に触れ合えること。オーディションでは実際に抱っこさせたという。CMで猫をなでる福田さんの姿に“説得力”があるのも、普段から接しているためだろう。

 ユニ・チャームによると猫用トイレの市場は年々拡大し、猫を家族の一員として扱う傾向が強まっているという。福田さん演じる飼い主のような女性は今後さらに増えそうだ。(経済本部 井田通人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ